ニュース

映画『受難』から過激な新ビジュアル、女性器に出来た人面瘡を手鏡で覗く岩佐真悠子も

12月7日から公開される映画『受難』から、ポスタービジュアルと新たな場面写真が公開された。

姫野カオルコの同名小説が原作の『受難』は、性への悩みを抱える清らかな女性・フランチェス子と、彼女の女性器に突然現れた人面瘡の「古賀さん」の共同生活を、セックスシーンやフルヌードシーンなどを交えながら過激かつユーモラスに描いた作品。主人公のフランチェス子役を岩佐真悠子が演じるほか、キャストには淵上泰史、伊藤久美子、古舘寛治、さらに今回追加キャストとして発表された奥浜レイラ、内田亜希子、青柳文子が名を連ねている。監督は『惑星のかけら』の吉田良子、音楽を大友良英が手掛けている。

今回公開されたポスタービジュアルでは、上半身裸で微笑んでいる岩佐と、自らの股間を手鏡で写すという大胆なポーズをとっている岩佐の姿をフィーチャー。あわせて公開された場面写真では、岩佐の劇中での場面をはじめ、奥浜レイラが裸で男性と触れ合う場面など、むき出しの性を率直に描いた同作の内容を垣間見ることができる。


作品情報

『受難』

2013年12月7日(土)公開
監督・脚本:吉田良子
原作:姫野カオルコ『受難』(文春文庫刊)
音楽:大友良英
出演:
岩佐真悠子
淵上泰史
伊藤久美子
古舘寛治
奥浜レイラ
内田亜希子
青柳文子
配給:ファントム・フィルム

(画像:©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会)

『受難』ポスタービジュアル ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』ポスタービジュアル ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
『受難』 ©2013姫野カオルコ・文藝春秋/「受難」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで