ニュース

蓮沼執太率いる15人編成ポップオーケストラ「蓮沼執太フィル」の初アルバム

音楽家・蓮沼執太が主宰する「蓮沼執太フィル」の1stアルバム『時が奏でる|Time plays -- and so do we.』が、2014年1月15日にリリースされる。

蓮沼は、音楽活動に加えて展覧会、ワークショップ、イベント制作など、多角的な活動を展開しているアーティスト。蓮沼が率いる5人編成のユニット「蓮沼執太チーム」を母体として2010年に結成された蓮沼執太フィルは、蓮沼執太(指揮,Pf,Vo,ミックス)、石塚周太(Ba,Gt)、イトケン(Dr,Syn)、大谷能生(Sax)、葛西敏彦(録音,ミックス)、小林うてな(Steelpan)、木下美紗都(Cho)、ゴンドウトモヒコ(Euphonium)、斉藤亮輔(Gt)、Jimanica(Dr)、環ROY(ラップ)、千葉広樹(Vl,Ba)、手島絵里子(Vla)、K-Ta(Mar)、三浦千明(F.Hr,Glo)の15人から構成。

初アルバムとなる同作では、蓮沼が制作したスコアを各プレイヤーが自由な発想で解釈した楽曲を収録。環ROY、木下美紗都、蓮沼執太の声が重なるボーカルアンサンブルをはじめ、イトケンとJimanicaのツインドラムによるリズムや、管弦楽とマリンバ、スティールパンといった様々な楽器が織りなすユニークなサウンドなどが融合された作品に仕上がっている。

リリース情報

蓮沼執太フィル
『時が奏でる|Time plays -- and so do we.』(CD)

2014年1月15日発売
価格:2,940円(税込)
B.J.L. AWDR/LR2 蓮沼執太フィル vinylsoyuz / DDCB-13025

1. ONEMAN
2. Earphone & Headphone in my Head - PLAY0
3. ZERO CONCERTO
4. Triooo - VOL
5. YY
6. wannapunch! - Discover Tokyo - Sunny Day in Saginomiya
7. SoulOsci
8. Hello Everything

amazonで購入する

(画像:蓮沼執太フィル)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図