ニュース

世界各地から舞台芸術が集う国際ミーティング『TPAM in Yokohama 2014』

国内外の舞台芸術が集う『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014)』が、2月8日から神奈川・横浜のヨコハマ創造都市センター(YCC)、KAAT神奈川芸術劇場、BankART Studio NYK、横浜赤レンガ倉庫1号館、STスポットほかで開催される。

1995年に『芸術見本市(Tokyo Performing Arts Market)』として開始し、2011年からは『国際舞台芸術ミーティング in 横浜(Performing Arts Meeting in Yokohama)』と名称を改めて開催されている同イベント。今回実施される公演プログラムは、ユニークな活動を行なっている若手制作者をディレクターに選任し、自由なコンセプトと新たな視点で作るプログラム『TPAMディレクション』、海外で活躍する要注目アーティストの作品を紹介する『インターナショナル・ショーケース』、横浜および東京エリアで公演を行なっているアーティストやカンパニーが集まる公募プログラム『TPAMショーケース』となる。

『TPAMディレクション』には蓮沼執太、範宙遊泳、ショーネッド・ヒューズ、筒井潤+新長田で踊る人々、伊藤キム×山下残、酒井幸菜×白神ももこ、濱田英明×瀧澤日以×柴幸男が参加。『インターナショナル・ショーケース』では、フランスのジョリス・ラコストによるプロジェクト「話し言葉の百科全書」、女性だけが出演する今は衰退した大衆演劇「女性国劇」に関するチョン・ウニョン演出のドキュメンタリー演劇、フィンランドのZODIAKと日本のJapan Contemporary Dance Networkによる共同製作ダンス作品、シャオ・クゥ×チョウ・ツゥ・ハンによるパフォーマンスアート作品などが上演される。『TPAMショーケース』には、モモンガ・コンプレックス、捩子ぴじん、シアターカンパニー・アリカ、minamo×バストリオ、マームとジプシーら多彩な参加者が名を連ねている。

また、国内外の舞台関係者同士のコミュニケーションを促進するネットワーキングプログラムも用意されている。全参加者やチケットなどの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014)』

2014年2月8日(土)~2月16日(日)
会場:神奈川県 横浜 ヨコハマ創造都市センター(YCC)、KAAT神奈川芸術劇場、BankART Studio NYK、横浜赤レンガ倉庫1号館、STスポットほか

参加作品:
『TPAMディレクション』
[野村政之ディレクション]
蓮沼執太『作曲:ニューフィル』
範宙遊泳『幼女X』
[横堀ふみディレクション]
筒井潤+新長田で踊る人々『新長田のダンス事情』
ショーネッド・ヒューズ『Aomori, Aomori』
[大平勝弘ディレクション]
伊藤キム×山下残
酒井幸菜×白神ももこ『Stick & uS!! ~私たちと棒~』
[宮永琢生ディレクション]
濱田英明×瀧澤日以×柴幸男『「演劇」という名の展示』

『インターナショナル・ショーケース』
話し言葉の百科全書/ジョリス・ラコスト『コラール(日本バージョン)』
チョン・ウニョン『(Off) Stage / Masterclass』
エルヴィ・シレン/坂本公成 日本 Japan Contemporary Dance Network/フィンランド ZODIAK ― 共同製作プログラム『KITE』『灰が降る』
シャオ・クゥ×チョウ・ツゥ・ハン『We apologize to inform you』

『TPAMショーケース』
世田谷パブリックシアタープロデュース『現代能楽集VII「花子について」』
オペラシアターこんにゃく座『吾輩は猫である』『セロ弾きのゴーシュ』
モモンガ・コンプレックス『ご多分にもれず、ふつう。』
ビルヂング『できることなら低空飛行』
木野彩子『静』
minamo×バストリオ『100万回』
マドモアゼル・シネマ『哀しみのフーガ。そして、』
86B210『Nuages』
マームとジプシー『Rと無重力のうねりで』
ももいろぞうさん『THE DOOR』
横浜ダンスコレクションEX2014 受賞者公演:捩子ぴじん『空気か屁』
ロバート・テューズリー、酒井はな、森山開次、津村禮次郎、デワ・アリット、アレッシオ・シルヴェストリン『ARCHITANZ 2014 2月公演』
鮭スペアレ『かあいい日本~ごどーちゃんの居る77の風景~』
かえるP『海底のヤギ』
クラウン・ショー副交感神経『クラウン・ショー副交感神経2』
きたまり&NPO法人Offsite Dance Project『多田淳之介RE/PLAY(DANCE Edit.)』
革命アイドル暴走ちゃん『騒音と闇』
シアターカンパニー・アリカ『しあわせな日々』
日本 - 韓国ダンス交流プロジェクト Yokohama Dance Collection × Seoul Dance Collection  Dance Connection『Seize the Day』『 Face to Face 2014 version』
AAPA/アアパ『ありしひ』
カタルシツ『賽の河原』
MOKK『ヴァニッシング・リム』
Co. 山田うん『ダンス×アプリコ×山田うん!「春告歌」』
ピーピング・トム『A Louer/フォー・レント』

料金:『TPAMディレクション』『インターナショナル・ショーケース』1公演2,000円 
※『TPAMショーケース』の料金は公演ごとに異なります

(画像上から:『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014)』ロゴ、『灰が降る』(フィンランド初演、2012)撮影:Uupi Tirronen、『幼女X』(2013)撮影:amemiya yukitaka、『(Off) Stage / Masterclass』撮影:Choengjin Keem)

『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014)』ロゴ
『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014(TPAM in Yokohama 2014)』ロゴ
『灰が降る』(フィンランド初演、2012)撮影:Uupi Tirronen
『灰が降る』(フィンランド初演、2012)撮影:Uupi Tirronen
『幼女X』(2013)撮影:amemiya yukitaka
『幼女X』(2013)撮影:amemiya yukitaka
『(Off) Stage / Masterclass』撮影:Choengjin Keem
『(Off) Stage / Masterclass』撮影:Choengjin Keem
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く