特集 PR

チェルフィッチュ『地面と床』鼎談 岡田利規×小泉篤宏×橋本裕介

チェルフィッチュ『地面と床』鼎談 岡田利規×小泉篤宏×橋本裕介

インタビュー・テキスト
前田愛実
撮影:三野新

先鋭的な演劇祭として世界の注目を集める『クンステン・フェスティバル・デザール』(ベルギー、ブリュッセル)で5月に初演された、チェルフィッチュの新作『地面と床』が、国内ではいち早く『KYOTO EXPERIMENT 2013』に登場する。チェルフィッチュの代表作『三月の5日間』に大きな影響を与え、その名をタイトルに引用されたことでも知られるサンガツが、前作『現在地』に続き音楽を担当。震災以降の日本人の心象を鋭く捉えて、新境地を拓く岡田利規が全幅の信頼を寄せるサンガツと共に作る最新作は、チェルフィッチュ初の「音楽劇」と銘打った作品となっている。今回は岡田利規に加え、サンガツの小泉篤宏、『KYOTO EXPERIMENT』プログラム・ディレクターの橋本裕介とともにお話を伺った。

前作までは芝居ができてから音楽、という順序がはっきりしてたんですが、今回は音楽のフィードバック度が全然違う。(岡田)

橋本:前作『現在地』制作中のインタビューでも、音楽との共同作業について話していましたが、今回はチェルフィッチュ初めての「音楽劇」ということで、どのくらい踏み込み方が変わったんですか? リハーサルでは作品と音楽の関係性がどんどん出来上がっていくのが分かりましたけど。

小泉:実はサンガツ側からすると、作り方はそれほど変わってないんですね。

岡田:でも芝居サイドからするとすごい変わったんですよ。前作までは芝居ができてから音楽、という順序がはっきりしてたんですが、今回は音楽のフィードバック度が全然違う。音楽が出来上がるまで演出も固めませんでした。

左から:岡田利規、小泉篤宏
左から:岡田利規、小泉篤宏

―音楽によって芝居も相当変わった?

岡田:台詞を書きかえることはなかったですが、演出や役者の演技は変わりました。役者が舞台上に立つ上で「音を聴いている」ということをはっきりさせる。芝居が先で音楽が後だと、音が芝居の上に乗っかってしまうので変化は少ないんです。

橋本:京都でリハーサルをしたときに、岡田さんが役者に対して頻繁に「音を聴いて」と指示していたのが印象的でした。僕の印象として今回は、役者の佇まいというか立ち方が違って見えました。物語という前提を役者が信じて舞台に立っている、というのがこれまでだったとすれば、今回は目の前でいろんなことが起こっている、というような立ち方だったんです。まさに音を聴きながら微妙な判断を舞台上でしていたんじゃないかな。

奥:橋本裕介、手前:岡田利規
奥:橋本裕介

岡田:それに関しては、身体のことをすごく意識して作ったというのも影響していると思います。今回表現のボキャブラリーを増やしたくて、解剖学の基礎をみんなで勉強したりしたんですけど、そうするとこれまでなんとなく捉えていた部位、たとえば「足」というのがより分節化されて意識できるようになって、それは自分たちにかなり大きな認識の変化をもたらしたんですよね。稽古場で骨の名前を言ってディレクションできるようになったりしたし。


―音によって役者の身体に物理的な反応が起きることもありますか? 例えばすごく大きな音にびくっとするとか。

岡田:実際にはほとんどなかったですが、そういうことがあったとしても良かったということです。舞台上にいる役者が音を聴いているかいないかの違いは分かるんですよ。そこをすごく問題にしました。たとえ音楽を重要視した作品でも、役者がちゃんと音楽を聴いて演じないと、演技が音の前に立ってしまうんです。だから「音楽は同列だ。それが聴くということだ」って、ずっと言ってました。

Page 1
次へ

イベント情報

チェルフィッチュ
『地面と床』

作・演出:岡田利規
出演:
山縣太一
矢沢誠
佐々木幸子
安藤真理
青柳いづみ
音楽:サンガツ
美術:二村周作
ドラマツゥルグ:セバスチャン・ブロイ
衣装:池田木綿子(Luna Luz)
解剖学レクチャー:楠美奈生

京都公演
『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013』

2013年9月28日(土)、9月29日(日)全3公演
会場:京都府 京都府立府民ホール アルティ
料金:
前売 一般3,500円 ユース・学生3,000円 シニア3,000円 高校生以下1,000円
当日 一般4,000円 ユース・学生3,500円 シニア3,500円 高校生以下1,000円

『ポスト・パフォーマンス・トーク』
2013年9月29日(日)の公演終演後
ゲスト:建畠晢(京都市立芸術大学学長)

横浜公演
2013年12月14日(土)〜12月23日(月・祝)
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013』

2013年9月28日(土)〜10月27日(日)
会場:京都府(以下同)
京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)、元・立誠小学校、京都府立府民ホール アルティ、Gallery PARC、京都市役所前広場 ほか

上演作品:
[公式プログラム]
チェルフィッチュ『地面と床』
マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』
庭劇団ペニノ『大きなトランクの中の箱』
木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム“SAMBASO”〜バババッとわかる三番叟〜』
She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』
Baobab『家庭的 1.2.3』
池田亮司『superposition』
ロラ・アリアス『憂鬱とデモ』
ビリー・カウィー『“Art of Movement” and “Dark Rain”』
高嶺格『ジャパン・シンドローム〜ベルリン編』

プロフィール

岡田利規(おかだ としき)

1973年 横浜生まれ。演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰。活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ国内外で注目される。2005年『三月の5日間』で第49回岸田戯曲賞を受賞。同年7月『クーラー』で『TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005―次代を担う振付家の発掘―』最終選考会に出場。07年デビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を新潮社より発表し、翌年第2回大江健三郎賞受賞。小説家としても高い注目を集める。12年より、岸田國士戯曲賞の審査員を務める。13年には初の演劇論集『遡行―変形していくための演劇論』を河出書房新社より刊行。

小泉篤宏(こいずみ あつひろ)

1973年東京生まれ。サンガツでは、これまでに4枚のアルバムを発表。近年は、音を使った工作 / 音を使った組体操のような楽曲に取り組んでいる。また、最新プロジェクト「Catch & Throw」では、「曲ではなく、曲を作るためのプラットフォームを作ること」に焦点をあて、その全ての試みがweb上で公開されている。

橋本裕介(はしもと ゆうすけ)

舞台芸術プロデューサー。合同会社橋本裕介事務所代表。京都大学在学中の1997年より演劇活動を開始。2003年、橋本制作事務所設立。現代演劇、コンテンポラリーダンスのカンパニー制作業務や、京都芸術センター事業「演劇計画」などの企画・制作を手がける。2010年より『KYOTO EXPERIMENT』を企画、プログラム・ディレクターを務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)