ニュース

東京都現代美術館で『驚くべきリアル』展、スペインや中南米の「リアル」に迫る

スペインとラテンアメリカの現代アートを紹介する『驚くべきリアル』展が、2月15日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

「日本スペイン交流400周年事業」の一環となる同展は、スペインの1990年代以降の作品を所蔵するカスティーリャ・イ・レオン現代美術館(MUSAC)のコレクションから、ラテンアメリカを含むスペイン語圏の27作家による作品を紹介する。

同展では、対象を緻密に再現する描画上の特質とは異なり、日常的な光景や事物の誇張として表れるスペイン現代アートの「リアル」を、ビデオやインスタレーション、絵画、彫刻といった多様なメディアで堪能することができる。また、ラテンアメリカの作家の作品もあわせて紹介することで、中南米のトロピカルな風土の中でスペイン的な「リアル」の感覚がいかに変容したかを知る機会にもなっている。

関連イベントとして、トークイベント『スペインアートの現在(いま)』が、2月15日に開催される。同イベントにはMUSAC館長マヌエル・オルベイラや同展キュレーターの長谷川祐子、クリスティン・グスマン、参加作家からエンリケ・マルティ、カルロス・ガライコアら4人が登壇する。


イベント情報

『驚くべきリアル』展
スペイン、ラテンアメリカの現代アート - MUSAC コレクション -

2014年2月15日(土)~5月11日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室1F、ホワイエ
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
出展作家:
ピラール・アルバラシン
ララ・アルマルセーギ
セルヒオ・ベリンチョン
ビセンテ・ブランコ
ライモン・チャべス
エレナ・フェルナンデス・プラダ
ジョアン・フォンクベルタ
サンドラ・ガマーラ
カルロス・ガライコア
カルメラ・ガルシア
アンソニー・ゴイコレア
ディアンゴ・エルナンデス
片山薫
レオニルソン
クリスティーナ・ルカス
ホルヘ・マキ
ヒルダ・マンティージャ
エンリケ・マルティ
フリア・モンティージャ&フアンデ・ハリージョ
MP&MP ロサード
マリナ・ヌニェス
タティアナ・パルセロ
ホルヘ・ピネダ
ミゲル・アンヘル・ロハス
フェルナンド・サンチェス・カスティーリョ
マルティン・サストレ
ハビエル・テジェス
休館日:月曜日(5月5日は開館)、5月7日(水)
料金:一般1,100円 大学生・65歳以上800円 中高生600円
※小学生以下無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添者(2名まで)は無料

『スペインアートの現在(いま)』トークイベント
2014年2月15日(土)14:00~
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 B2F講堂
出演:
マヌエル・オルベイラ(MUSAC館長)
長谷川祐子(本展キュレーター)
クリスティン・グスマン(本展キュレーター)
エンリケ・マルティ
カルロス・ガライコア
カルメラ・ガルシア
片山薫

(画像上から:フェルナンド・サンチェス・カスティーリョ『馬に捧げる建築』2002年 MUSAC蔵 ©Fernando Sánchez Castillo, Courtesy: MUSAC、ピラール・アルバラシン『ミュージカル・ダンシング・スパニッシュ・ドール』2001年 MUSAC蔵 ©Pilar Albarracín, Courtesy: MUSAC、ビセンテ・ブランコ『無題(雪景色シリーズ)』2002年 MUSAC蔵 ©Vicente Blanco, Courtesy: MUSAC、ディアンゴ・エルナンデス『分断されたリヴィングルーム』 2006年 MUSAC蔵 ©Diango Hernández, Courtesy: MUSAC、エンリケ・マルティ『家族』1999年 MUSAC蔵 ©Enrique Marty, Courtesy: MUSAC)

フェルナンド・サンチェス・カスティーリョ『馬に捧げる建築』2002年 MUSAC蔵 ©Fernando Sánchez Castillo, Courtesy: MUSAC
フェルナンド・サンチェス・カスティーリョ『馬に捧げる建築』2002年 MUSAC蔵 ©Fernando Sánchez Castillo, Courtesy: MUSAC
ピラール・アルバラシン『ミュージカル・ダンシング・スパニッシュ・ドール』2001年 MUSAC蔵 ©Pilar Albarracín, Courtesy: MUSAC
ピラール・アルバラシン『ミュージカル・ダンシング・スパニッシュ・ドール』2001年 MUSAC蔵 ©Pilar Albarracín, Courtesy: MUSAC
ビセンテ・ブランコ『無題(雪景色シリーズ)』2002年 MUSAC蔵 ©Vicente Blanco, Courtesy: MUSAC
ビセンテ・ブランコ『無題(雪景色シリーズ)』2002年 MUSAC蔵 ©Vicente Blanco, Courtesy: MUSAC
ディアンゴ・エルナンデス『分断されたリヴィングルーム』 2006年 MUSAC蔵 ©Diango Hernández, Courtesy: MUSAC
ディアンゴ・エルナンデス『分断されたリヴィングルーム』 2006年 MUSAC蔵 ©Diango Hernández, Courtesy: MUSAC
エンリケ・マルティ『家族』1999年 MUSAC蔵 ©Enrique Marty, Courtesy: MUSAC
エンリケ・マルティ『家族』1999年 MUSAC蔵 ©Enrique Marty, Courtesy: MUSAC
カルメラ・ガルシア『無題(楽園シリーズ)』2002年 MUSAC蔵 ©Carmela García, Courtesy: MUSAC
カルメラ・ガルシア『無題(楽園シリーズ)』2002年 MUSAC蔵 ©Carmela García, Courtesy: MUSAC
MP & MP ロサード『野良犬のように』2003年 MUSAC蔵 ©MP&MP Rosado, Courtesy: MUSAC
MP & MP ロサード『野良犬のように』2003年 MUSAC蔵 ©MP&MP Rosado, Courtesy: MUSAC
マリナ・ヌニェス『モンスターシリーズ』より, 1998年 MUSAC蔵 ©Marina Núñez, Courtesy: MUSAC
マリナ・ヌニェス『モンスターシリーズ』より, 1998年 MUSAC蔵 ©Marina Núñez, Courtesy: MUSAC
ハビエル・テジェス『保安官オイディプス』2006年 MUSAC蔵 ©Javier Téllez, Courtesy: MUSAC
ハビエル・テジェス『保安官オイディプス』2006年 MUSAC蔵 ©Javier Téllez, Courtesy: MUSAC
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら