ニュース

劇団ひとり監督映画『青天の霹靂』、ミスチル書き下ろし主題歌も含む予告編公開

5月24日から全国東宝系で公開される劇団ひとりの初監督作品『青天の霹靂』の予告編が公開された。

予告編では、大泉洋が演じる39歳の売れないマジシャン・轟春夫が突然40年前にタイムスリップしてしまう場面や、劇団ひとり自ら演じる春夫の父・轟正太郎が柴咲コウ演じる春夫の母から妊娠を告げられたシーン、春夫と正太郎が共にマジックを披露する場面などを垣間見ることができる。また、Mr.Childrenが同作のために書き下ろした新曲“放たれる”の一部も聴くことが可能だ。

『青天の霹靂』は劇団ひとりの同名小説が原作。脚本はテレビドラマ『僕の生きる道』『フリーター、家を買う。』などを手掛けた橋部敦子、企画・プロデュースを映画『陰日向に咲く』をはじめ、『電車男』『モテキ』などを手掛けたことでも知られる川村元気が担当する。

作品情報

『青天の霹靂』

2014年5月24日(土)全国東宝系ロードショー
監督・脚本:劇団ひとり
脚本:橋部敦子
原作:劇団ひとり『青天の霹靂』(幻冬舎)
主題歌:Mr.Children“放たれる”
音楽:佐藤直樹
出演:
大泉洋
柴咲コウ
劇団ひとり
配給:東宝

(画像:©2014「青天の霹靂」製作委員会)

『青天の霹靂』©2014「青天の霹靂」製作委員会
『青天の霹靂』©2014「青天の霹靂」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』