ニュース

松浦弥太郎、中村勇吾、森本千絵らがゲスト講師務める『菅付雅信の編集スパルタ塾』

編集者・菅付雅信による編集講座『菅付雅信の編集スパルタ塾』が、4月8日から東京・下北沢の本屋B&Bで開講する。

昨年の初開催に続き、2期目となる同講座。年間を通して編集という「言葉とイメージとデザインをアンサンブルする力」を身につけるため、菅付による7回の講義に加え、ゲストの登場と課題提出も予定している17回の講義をあわせた計24回が1年を通じて行われる。

現在までに発表されているゲスト講師は、西田善太(『ブルータス』編集長)、松浦弥太郎(『暮らしの手帖』編集長)、矢野優(『新潮』編集長)、鈴木洋嗣(文藝春秋編集局長)、レスリー・キー、田端信太郎(LINE執行役員)、川治豊成(講談社現代新書)、森本千絵(goenアートディレクター)、高崎卓馬(電通クリエイティブディレクター)、嶋浩一郎(博報堂ケトル代表取締役)、箭内道彦(風とロック)、柳澤大輔(面白法人カヤック代表取締役)、中村勇吾(tha ltd.代表取締役)、中島敏子(『GINZA』編集長)の14人。今後も追加発表されるという。申し込み方法などは本屋B&Bのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『菅付雅信の編集スパルタ塾(第二期)』

2014年4月8日(火)~2015年3月17日(火)全24回
会場:東京都 下北沢 本屋B&B
出演:菅付雅信
ゲスト:
西田善太(『ブルータス』編集長)
松浦弥太郎(『暮らしの手帖』編集長)
矢野優(『新潮』編集長)
鈴木洋嗣(文藝春秋編集局長)
レスリー・キー
田端信太郎(LINE執行役員)
川治豊成(講談社現代新書)
森本千絵(goenアートディレクター)
高崎卓馬(電通クリエイティブ・ディレクター)
嶋浩一郎(博報堂ケトル代表取締役)
箭内道彦(風とロック)
柳澤大輔(面白法人カヤック代表取締役)
中村勇吾(tha ltd.代表取締役)
中島敏子(『GINZA』編集長)
ほか
料金:126,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る 1

    アイナ・ジ・エンドの心の内を込めた『THE END』 亀田誠治と語る

  2. 佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開 2

    佐藤健がギャツビー新イメージキャラクターに起用、ブランドムービー公開

  3. 広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア 3

    広瀬すずがワンカット撮影にチャレンジ AGCの新テレビCMオンエア

  4. 『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加 4

    『鬼滅の刃』をイメージした眼鏡コレクションに煉獄杏寿郎モデルが追加

  5. 隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン 5

    隈研吾が内装デザイン 「イッタラ表参道 ストア&カフェ」2月19日オープン

  6. 青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る 6

    青葉市子『アダンの風』全曲解説。作曲家・梅林太郎と共に語る

  7. 片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演 7

    片岡愛之助がイヤミ役 ワイモバイル新CMで芦田愛菜、出川哲朗と共演

  8. 水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら 8

    水原希子×さとうほなみ Netflix『彼女』に真木よう子、鈴木杏、南沙良ら

  9. King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM 9

    King & Prince平野紫耀と杉咲花がウサギ姿で一悶着 Huluの新CM

  10. Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット 10

    Netflixドラマ『ブリジャートン家』、時代劇ロマンスが大ヒット