MEGASTARによる星空の下の音楽会に、Buffalo Daughter、青葉市子、阿部芙蓉美ら

プラネタリウムMEGASTARと東京・表参道のCAYのコラボレーションイベント『Cosmos 星に囲まれたコンサート~Let me play among the stars~』が、3月26日から3日間にわたって開催される。

1998年に従来の100倍以上に相当する170万個の星を投影できるプラネタリウムとして、大平貴之が開発したMEGASTAR。同イベントでは、店内に設置されたMEGASTARによる星空の下で様々なアーティストがライブを行う。

初日には、青柳拓次(Little Creatures、KAMA AINA)のソロユニットTakujiと、シンガーソングライターの阿部芙蓉美が出演。さらに、メディアアーティストSAWAKOのサウンドに合わせて大平がMEGASTARを操作し、星空の動きを演出するセッションも披露される。

2日目は、「electric acoustic set」を披露するBuffalo Daughterや、haruka nakamura LABOの出演に加え、大平とKIKIのトークセッションを開催。最終日には、伊達伯欣(Illuha、Opitope)とアルゼンチンのアンビエントアーティスト、フェデリコ・デュランドのユニットmelodiaと、青葉市子が出演する。


イベント情報

MEGASTAR×CAY Presents 『Cosmos 星に囲まれたコンサート~Let me play among the stars~』

2014年3月26日(水)~3月28日(金)OPEN 19:30 / START 20:30
会場:東京都 表参道 CAY

3月26日出演:
Takuji
阿部芙蓉美
SAWAKO+大平貴之

3月27日出演:
Buffalo Daughter(electric acoustic set)
haruka nakamura LABO(haruka nakamura + AOKI, hayato + ARAKI Shin)
大平貴之+KIKI(トークセッション)

3月28日出演:
melodia(federico durand & tomoyoshi date)
青葉市子

(画像上から:『Cosmos 星に囲まれたコンサート~Let me play among the stars~』、MEGASTARイメージビジュアル、Takuji、青葉市子、大平貴之)

  • HOME
  • Music
  • MEGASTARによる星空の下の音楽会に、Buffalo Daughter、青葉市子、阿部芙蓉美ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて