ニュース

瑛太×松田龍平の映画『まほろ駅前狂騒曲』場面写真、真木よう子、高良健吾らの姿も

10月18日から全国で公開される大森立嗣監督の映画『まほろ駅前狂騒曲』から場面写真が公開された。

今回公開された場面写真では、迷彩服に身を包む瑛太演じる多田啓介と松田龍平演じる行天春彦の姿や、瑛太と多田の恋の相手を演じる真木よう子のツーショット、新興宗教団体の元代表を演じる永瀬正敏、裏組織のボス・星を演じる高良健吾の姿などが確認できる。

同作は、2011年の映画『まほろ駅前多田便利軒』、2012年のドラマ『まほろ駅前番外地』に続く、三浦しをんの同名小説をもとにしたシリーズ最新作。会ったことのない行天の娘はるの子守り代行や、謎の元新興宗教団体の隠密調査がバスジャック事件に発展していく物語に加え、多田の淡い恋などを描く。キャストには、瑛太、松田龍平、永瀬正敏、真木よう子、高良健吾に加え、本上まなみ、麿赤兒、松尾スズキ、大森南朋、岸部一徳、奈良岡朋子、岩崎未来、新井浩文らが名を連ねており、監督は映画第1作と同じく大森立嗣が務める。

作品情報

『まほろ駅前狂騒曲』

2014年10月18日(土)から新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:大森立嗣
脚本:大森立嗣、黒住光
原作:三浦しをん『まほろ駅前狂騒曲』(文藝春秋)
出演:
瑛太
松田龍平
高良健吾
真木よう子
本上まなみ
奈良岡朋子
新井浩文
三浦誠己
古川雄輝
横山幸汰
岩崎未来
水澤紳吾
大西信満
原田麻由
宇野祥平
市川実和子
伊佐山ひろ子
麿赤兒
松尾スズキ
大森南朋
岸部一徳
永瀬正敏
配給:東京テアトル/リトルモア

 

映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
映画『まほろ駅前狂騒曲』 ©2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像