ニュース

映画やゲーム、アニメなど多様な視覚文化を横断的に紐解く講義録『視覚文化「超」講義』

批評家・石岡良治の講義録『視覚文化「超」講義』が、6月26日に刊行される。

同書は、映画やゲーム、アニメ、音楽のPV、アートやCG、漫画などの視覚文化を、ハイカルチャーとポップカルチャーの枠組みを超えて捉えた書籍。全5回の講義から構成されており、「教養」「ノスタルジア」「メロドラマ」「フェイク」「遊戯性」「ファンコミュニティ」といったキーワードを織り交ぜながら、YouTubeやニコニコ動画が普及した現在の視覚文化のあり方を横断的に紐解いていく。また、巻末には石岡と哲学者・國分功一郎による対談「新しい時代のための、視覚文化をめぐる哲学」も収録される。表紙イラストはJohnHathwayが担当。なお、石岡は同書が初の単著となる。

宇野常寛は同書について「伝説の男が、『日本最強の自宅警備員』と呼ばれるあの男がついにその重い腰を上げた……!本書をもって世界は知ることになるだろう、本物の知性と本物の情熱の存在を。そして、石岡良治氏だけが両者をあわせもつことを」とコメントを寄せている。

書籍情報

『視覚文化「超」講義』

2014年6月26日(木)発売
著者:石岡良治
価格:2,268円(税込)
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

『視覚文化「超」講義』表紙
『視覚文化「超」講義』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で