モディリアーニの実像に迫る展覧会、ピカソ、ブランクーシなど同時代の作家の作品も

アメデオ・モディリアーニの歴史的な立ち位置を再考する『モディリアーニを探して ―アヴァンギャルドから古典主義へ』が、9月15日まで神奈川・箱根町のポーラ美術館で開催されている。

イタリアに生まれ、1906年にフランス・パリに移り住んだモディリアーニは、20世紀初頭に世界中からパリに集まった若い芸術家を指す「エコール・ド・パリ」を代表する画家・彫刻家。当時は一部から高い評価を受けたが、生活苦などによって退廃的な生活を送り、1920年に35歳で命を落とした。

同展では、ポスト印象派やフォービスム、キュビズム、プリミティビズムといった多様な芸術が盛んになっていた20世紀初頭のパリで過ごしたモディリアーニの10数年に着目。独特な造形の肖像で知られる油彩画だけでなく、素描や彫刻も展示するほか、ポール・セザンヌやパブロ・ピカソ、モーリス・ユトリロ、コンスタンティン・ブランクーシら同時代にパリで芸術活動を行い、モディリアーニを刺激したアーティストたちの作品も紹介。モディリアーニの作品19点を含む65点の作品を通してモディリアーニを多面的に捉え、その実像に迫る。

イベント情報

『モディリアーニを探して ―アヴァンギャルドから古典主義へ』

2014年4月12日(土)~9月15日(月・祝)
会場:神奈川県 箱根町 ポーラ美術館
時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
出品作家:
アメデオ・モディリアーニ
ポール・セザンヌ
ピエール・オーギュスト・ルノワール
アンリ・ルソー
ポール・ゴーガン
アリステイド・マイヨール
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
ピエール・ボナール
コンスタンティン・ブランクーシ
モーリス・ド・ヴラマング
キース・ヴァン・ドンゲン
アンドレ・ドラン
パブロ・ピカソ
モーリス・ユトリロ
ジュール・パスキン
レオナール・フジタ(藤田嗣治)
マルク・シャガール
マリー・ローランサン
ジョルジョ・デ・キリコ
ジャック・リプシッツ
シャイム・スーティン
モイズ・キスリング
休館日:会期中無休
料金:大人1,800円 65歳以上1,600円 大・高校生1,300円 中・小学生700円

  • HOME
  • Art,Design
  • モディリアーニの実像に迫る展覧会、ピカソ、ブランクーシなど同時代の作家の作品も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて