ニュース

モディリアーニの実像に迫る展覧会、ピカソ、ブランクーシなど同時代の作家の作品も

アメデオ・モディリアーニの歴史的な立ち位置を再考する『モディリアーニを探して ―アヴァンギャルドから古典主義へ』が、9月15日まで神奈川・箱根町のポーラ美術館で開催されている。

イタリアに生まれ、1906年にフランス・パリに移り住んだモディリアーニは、20世紀初頭に世界中からパリに集まった若い芸術家を指す「エコール・ド・パリ」を代表する画家・彫刻家。当時は一部から高い評価を受けたが、生活苦などによって退廃的な生活を送り、1920年に35歳で命を落とした。

同展では、ポスト印象派やフォービスム、キュビズム、プリミティビズムといった多様な芸術が盛んになっていた20世紀初頭のパリで過ごしたモディリアーニの10数年に着目。独特な造形の肖像で知られる油彩画だけでなく、素描や彫刻も展示するほか、ポール・セザンヌやパブロ・ピカソ、モーリス・ユトリロ、コンスタンティン・ブランクーシら同時代にパリで芸術活動を行い、モディリアーニを刺激したアーティストたちの作品も紹介。モディリアーニの作品19点を含む65点の作品を通してモディリアーニを多面的に捉え、その実像に迫る。

イベント情報

『モディリアーニを探して ―アヴァンギャルドから古典主義へ』

2014年4月12日(土)~9月15日(月・祝)
会場:神奈川県 箱根町 ポーラ美術館
時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
出品作家:
アメデオ・モディリアーニ
ポール・セザンヌ
ピエール・オーギュスト・ルノワール
アンリ・ルソー
ポール・ゴーガン
アリステイド・マイヨール
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
ピエール・ボナール
コンスタンティン・ブランクーシ
モーリス・ド・ヴラマング
キース・ヴァン・ドンゲン
アンドレ・ドラン
パブロ・ピカソ
モーリス・ユトリロ
ジュール・パスキン
レオナール・フジタ(藤田嗣治)
マルク・シャガール
マリー・ローランサン
ジョルジョ・デ・キリコ
ジャック・リプシッツ
シャイム・スーティン
モイズ・キスリング
休館日:会期中無休
料金:大人1,800円 65歳以上1,600円 大・高校生1,300円 中・小学生700円

アメデオ・モディリアーニ『ルニア・チェホフスカの肖像』 1917年 ポーラ美術館蔵
アメデオ・モディリアーニ『ルニア・チェホフスカの肖像』 1917年 ポーラ美術館蔵
アメデオ・モディリアーニ『婦人像(C.D.夫人)』 1916年頃 ポーラ美術館蔵
アメデオ・モディリアーニ『婦人像(C.D.夫人)』 1916年頃 ポーラ美術館蔵
アメデオ・モディリアーニ『髪をほどいた横たわる裸婦』 1917年 大阪新美術館建設準備室蔵
アメデオ・モディリアーニ『髪をほどいた横たわる裸婦』 1917年 大阪新美術館建設準備室蔵
アメデオ・モディリアーニ『青いブラウスの婦人像』 1910年頃 公益財団法人ひろしま美術館蔵
アメデオ・モディリアーニ『青いブラウスの婦人像』 1910年頃 公益財団法人ひろしま美術館蔵
アメデオ・モディリアーニ『カリアティード』 1911-1913年 愛知県美術館蔵
アメデオ・モディリアーニ『カリアティード』 1911-1913年 愛知県美術館蔵
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開