ニュース

英在住サウンドアーティスト・スズキユウリ個展、「音と遊ぶ」がテーマの体験型展示

スズキユウリの個展『Playing with Sound』が、8月22日から東京・銀座のポーラミュージアムアネックスで開催される。

1980年東京生まれのスズキは、アシスタントとして明和電機に5年間所属した後、2006年に文化庁新進芸術家海外留学制度によってロンドンのロイヤルカレッジオブアートに入学。以後、ロンドンを拠点に「音楽とテクノロジー」をテーマに制作を行い、サウンドアーティスト、プロダクトデザイナーとして活動中だ。近年は、ロンドンのテートブリテンで『Juke Box meets Tate Britain』や、ヴィクトリア&アルバート博物館で『Garden of Russolo』といった作品を発表している。

「音と遊ぶ」がテーマの同展では、多様な音を使った作品や開発中の新作を展示。会場では、鑑賞者が様々な仕掛けが隠されたスズキの作品に触れることで、作曲家や演奏者になることもできる体験型の展覧会になるという。

イベント情報

スズキユウリ
『Playing with Sound』

2014年8月22日(金)~9月23日(火・祝)
会場:東京都 銀座 ポーラミュージアムアネックス
時間:11:00~20:00(入場は閉館の30分前まで)
料金:無料

『Garden of Russolo』 photo by Yuri Suzuki
『Garden of Russolo』 photo by Yuri Suzuki
『Garden of Russolo』 photo by Yuri Suzuki
『Garden of Russolo』 photo by Yuri Suzuki
『Colour Chaser』 photo by Hitomi Kai Yoda
『Colour Chaser』 photo by Hitomi Kai Yoda
『The Sound of the Earth』 photo by Hitomi Kai Yoda
『The Sound of the Earth』 photo by Hitomi Kai Yoda
『The Sound of the Earth』 photo by Hitomi Kai Yoda
『The Sound of the Earth』 photo by Hitomi Kai Yoda
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像