ニュース

参加型のアート手掛けるリー・ミンウェイ、代表作を網羅する大規模個展

リー・ミンウェイの個展『リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート―見る、話す、贈る、書く、食べる、そして世界とつながる』が、9月20日から東京・六本木の森美術館で開催される。

1964年に台湾で生まれたニューヨーク在住のアーティスト、リー・ミンウェイは、他人同士がそれぞれ信頼しながら、親密さや自己認識などの意味を探ることを目的とした参加型のインスタレーションを発表。また、見ず知らずの人々が一対一で食事や睡眠、会話などの行為を共にするというイベント的な作品を手掛けていることでも知られる。

同展では、リーによる過去20年間の代表作を網羅的に紹介。リーの作品を歴史的、文化的な文脈から読み解くために、白隠、鈴木大拙、イヴ・クライン、アラン・カプロー、リクリット・ティラヴァニ、小沢剛などの「参照作品」も同時に展示される。なお、来場者が参加することによって内容は変化し続けるため、同展についてリーは「開幕の時点では、展覧会の完成度は40%」と語っている。


イベント情報

『リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート―見る、話す、贈る、書く、食べる、そして世界とつながる』

2014年9月20日(土)~2015年1月4日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、9月23日、12月23日は22:00まで開館、入館は閉館時間の30分前まで)
料金:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子ども(4歳~中学生)500円

リー・ミンウェイ『プロジェクト・繕(つくろ)う』 2009年 展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・プロジェクツ、ニューヨーク、2009年 ルディ・ツェン氏蔵、台北 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『プロジェクト・繕(つくろ)う』 2009年 展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・プロジェクツ、ニューヨーク、2009年 ルディ・ツェン氏蔵、台北 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『石の旅』2009年 展示風景:「花と石の物語」エスパス ルイ・ヴィトン台北、2012年 撮影:Lee Studio
リー・ミンウェイ『石の旅』2009年 展示風景:「花と石の物語」エスパス ルイ・ヴィトン台北、2012年 撮影:Lee Studio
リー・ミンウェイ『プロジェクト・手紙をつづる』 1998年 展示風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『プロジェクト・手紙をつづる』 1998年 展示風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『布の追想』 2006年 展示風景:「澄・微」資生堂ギャラリー、東京、2012年 Courtesy: Lombard Freid Gallery, New York 撮影:Kevin Ho
リー・ミンウェイ『布の追想』 2006年 展示風景:「澄・微」資生堂ギャラリー、東京、2012年 Courtesy: Lombard Freid Gallery, New York 撮影:Kevin Ho
リー・ミンウェイ『砂のゲルニカ』 2007年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『砂のゲルニカ』 2007年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『ソニック・ブロッサム』 2013年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:ソニック・ブロッサム」ユーレンス現代美術センター(UCCA)、北京、2014年 撮影:Mao Zhenyu
リー・ミンウェイ『ソニック・ブロッサム』 2013年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:ソニック・ブロッサム」ユーレンス現代美術センター(UCCA)、北京、2014年 撮影:Mao Zhenyu
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像