ニュース

参加型のアート手掛けるリー・ミンウェイ、代表作を網羅する大規模個展

リー・ミンウェイの個展『リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート―見る、話す、贈る、書く、食べる、そして世界とつながる』が、9月20日から東京・六本木の森美術館で開催される。

1964年に台湾で生まれたニューヨーク在住のアーティスト、リー・ミンウェイは、他人同士がそれぞれ信頼しながら、親密さや自己認識などの意味を探ることを目的とした参加型のインスタレーションを発表。また、見ず知らずの人々が一対一で食事や睡眠、会話などの行為を共にするというイベント的な作品を手掛けていることでも知られる。

同展では、リーによる過去20年間の代表作を網羅的に紹介。リーの作品を歴史的、文化的な文脈から読み解くために、白隠、鈴木大拙、イヴ・クライン、アラン・カプロー、リクリット・ティラヴァニ、小沢剛などの「参照作品」も同時に展示される。なお、来場者が参加することによって内容は変化し続けるため、同展についてリーは「開幕の時点では、展覧会の完成度は40%」と語っている。


イベント情報

『リー・ミンウェイとその関係展:参加するアート―見る、話す、贈る、書く、食べる、そして世界とつながる』

2014年9月20日(土)~2015年1月4日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、9月23日、12月23日は22:00まで開館、入館は閉館時間の30分前まで)
料金:一般1,500円 学生(高校・大学生)1,000円 子ども(4歳~中学生)500円

リー・ミンウェイ『プロジェクト・繕(つくろ)う』 2009年 展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・プロジェクツ、ニューヨーク、2009年 ルディ・ツェン氏蔵、台北 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『プロジェクト・繕(つくろ)う』 2009年 展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・プロジェクツ、ニューヨーク、2009年 ルディ・ツェン氏蔵、台北 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『石の旅』2009年 展示風景:「花と石の物語」エスパス ルイ・ヴィトン台北、2012年 撮影:Lee Studio
リー・ミンウェイ『石の旅』2009年 展示風景:「花と石の物語」エスパス ルイ・ヴィトン台北、2012年 撮影:Lee Studio
リー・ミンウェイ『プロジェクト・手紙をつづる』 1998年 展示風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『プロジェクト・手紙をつづる』 1998年 展示風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『布の追想』 2006年 展示風景:「澄・微」資生堂ギャラリー、東京、2012年 Courtesy: Lombard Freid Gallery, New York 撮影:Kevin Ho
リー・ミンウェイ『布の追想』 2006年 展示風景:「澄・微」資生堂ギャラリー、東京、2012年 Courtesy: Lombard Freid Gallery, New York 撮影:Kevin Ho
リー・ミンウェイ『砂のゲルニカ』 2007年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『砂のゲルニカ』 2007年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:非永続性」シカゴ・カルチャー・センター、2007年 撮影:Anita Kan
リー・ミンウェイ『ソニック・ブロッサム』 2013年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:ソニック・ブロッサム」ユーレンス現代美術センター(UCCA)、北京、2014年 撮影:Mao Zhenyu
リー・ミンウェイ『ソニック・ブロッサム』 2013年 パフォーマンス風景:「リー・ミンウェイ:ソニック・ブロッサム」ユーレンス現代美術センター(UCCA)、北京、2014年 撮影:Mao Zhenyu
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー