ニュース

音の可能性を探求するイベントにマイケル・スノウ、灰野敬二、ローレン・コナーズら

音と音楽に関わる表現の可能性を探求するフェスティバル『サウンド・ライブ・トーキョー』が、11月5日から東京・渋谷のWWW、六本木のSuperDeluxeで開催される。

今年で3回目を迎える同イベントでは、ライブやインスタレーション、演劇公演など様々なプログラムを展開。プログラムは、実験映画作家としても活動するマイケル・スノウと恩田晃、アラン・リクトのトリオ編成による即興演奏、初来日となるケイス・ブルームと工藤礼子の共演ライブ、ローレン・コナーズと灰野敬二がインターネットを介してコラボレートするカール・テオドア・ドライヤー監督『裁かるゝジャンヌ』の劇伴ライブなどが予定されている。

さらに、Merzbowや中村達也、MURASAKIらと公募によって選出された新人アーティストが出演するライブと、吉原太郎、NOEL-KIT、ジム・オルーク、畠山地平、町田良夫、柴山拓郎、CoH、クリストフ・シャルル、カール・ストーンらのサウンド・インスタレーションを展示する『東京都初耳区』、ソフォクレスの戯曲で知られるギリシア神話の「アンティゴネー」のエピソードを録音された台詞で展開する『Antigone Dead People』も行われる。

各プログラムの日程などはオフィシャルサイトで確認しよう。チケット一般発売は8月30日10:00から。


イベント情報

『サウンド・ライブ・トーキョー』

2014年11月5日(水)~12月28日(日)
会場:東京都 渋谷 WWW、六本木 SuperDeluxe

2014年11月5日(水)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:マイケル・スノウ+恩田晃+アラン・リクト
料金:前売2,500円 当日3,000円
※マイケル・スノウのピアノソロとトリオ編成

2014年11月6日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:マイケル・スノウ+恩田晃+アラン・リクト
料金:前売2,500円 当日3,000円
※恩田晃+アラン・リクトのデュオ、トリオ

2014年11月11日(火)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:ケイス・ブルーム+工藤礼子
料金:前売2,500円 当日3,000円

『裁かるゝジャンヌ』
2014年11月17日(月)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:ローレン・コナーズ+灰野敬二
料金:前売2,500円 当日3,000円

『東京都初耳区(ライブ・パフォーマンス)』
2014年11月23日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
出演:
Merzbow
中村達也
MURASAKI
and more
料金:前売1,500円 当日2,000円

『東京都初耳区(サウンド・インスタレーション)』
2014年12月2日(火)~12月4日(木)14:00~22:00
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
参加アーティスト:
吉原太郎
NOEL-KIT
ジム・オルーク
畠山地平
町田良夫
柴山拓郎
CoH
クリストフ・シャルル
カール・ストーン
料金:当日500円

『Antigone Dead People』
2014年12月27日(土)、12月28日(日)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 六本木 SuperDeluxe
参加アーティスト:Small Wooden Shoe+dracom
料金:前売2,500円 当日3,000円

『サウンド・ライブ・トーキョー』ロゴ
『サウンド・ライブ・トーキョー』ロゴ
マイケル・スノウ+恩田晃+アラン・リクトPhoto by Kotaro Okada
マイケル・スノウ+恩田晃+アラン・リクトPhoto by Kotaro Okada
ケイス・ブルーム
ケイス・ブルーム
灰野敬二+ローレンコナーズ Photo by Aki Onda
灰野敬二+ローレンコナーズ Photo by Aki Onda
Merzbow ©Jenny
Merzbow ©Jenny
ジム・オルーク Photo by Ujin Matsuo
ジム・オルーク Photo by Ujin Matsuo
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年