シェイクスピア劇が江戸舞台の創作落語に、古今亭志ん輔ら出演の『しぇいくすぴあ寄席』

『しぇいくすぴあ寄席』が、9月23日に東京・池袋のあうるすぽっとで上演される。

古今亭志ん輔による落語を中心に行われる同公演。志ん輔は、1999年に『ヴェニスの商人』を翻案した『紅屋の商い』を上演して以来、ウィリアム・シェイクスピア作品の舞台を江戸の町に移して語る創作落語『古今亭志ん輔のシェイクスピア落語』を手掛けている。

『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』の一環で開催される『しぇいくすぴあ寄席』では、シェイクスピアが晩年に手掛けた作品『シンベリン』を翻案した新作落語『八丁櫓』を上演。さらに、2013年に講談師の男性としては36年ぶりに真打に昇進した一龍齋貞橘による「シェイクスピア講談」と、だるま食堂による「シェイクスピアコント」も行われる。

イベント情報

あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014
『しぇいくすぴあ寄席』

2014年9月23日(火・祝)14:00~
会場:東京都 東池袋 あうるすぽっと
出演:
古今亭志ん輔
一龍齋貞橘
だるま食堂
料金:一般3,000円 豊島区民2,500円 障がい者2,000円 学生1,000円

  • HOME
  • Stage
  • シェイクスピア劇が江戸舞台の創作落語に、古今亭志ん輔ら出演の『しぇいくすぴあ寄席』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて