特集 PR

本当にシェイクスピアはすごいのか? という演劇界のタブーに迫る

本当にシェイクスピアはすごいのか? という演劇界のタブーに迫る

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

2014年は、演劇の神様ウィリアム・シェイクスピアの生誕450年。世界中、そして日本中でさまざまな公演・関連企画が催されている。池袋では『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』と題して、今年2月から約1年にわたり15の演目が上演される。直球な演劇作品から落語、ダンスまで多彩な企画が目白押す本企画だが、今回注目したいのは、EXILEを溺愛する異色の演出家・杉原邦生が手がける『ハムレット』と、同時期に劇場ホワイエにて巨大な段ボール城『シェイクスピア城』を築く美術家の本濃研太だ。エネルギッシュな演出と造形で人気を集める二人の若き表現者は、演劇の神様シェイクスピアにどのように立ち向かうのか? 今回のインタビューが初対面となる二人に、EXILE愛、段ボール愛、そしてシェイクスピア愛について尋ねた。

EXILEのコンサートは、TAKAHIROが本当に厳しいオーディションを勝ち抜いて、ここまで辿り着いたというドラマ性もアツくて。そういう部分にスゴく演劇的なものを感じちゃうんです。(杉原)

―今回『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』にそれぞれ新作で参加されるというお二人ですが、今日が初顔合わせなんですよね。

杉原:初めましてですね。

本濃:初めまして。お話する前に杉原さんのことを調べておこうと思ってウェブサイトを見たんですけど……プロフィール2行目の「EXILEオフィシャルファンクラブ『EX FAMILY』会員」が気になってしまって。そこから先が頭に入らなくなっちゃいました(笑)。

杉原:そうなんですよー。だいたいあそこで皆さん引っかかってしまって(笑)。TAKAHIROってわかります? 彼が2006年に新ボーカルとして加入した頃に、「EXILEのライブは、とにかくエンターテイメント感がハンパない!」って噂を聞いてチケットを取ろうとしたんですけど、まったく入手できなくて。

杉原邦生
杉原邦生

本濃:本当にすごい人気ですよね。

杉原:とにかくEXILEは今、日本のコンサート界の演出でトップレベルだと。そう聞いちゃうと、自分も演劇人の端くれですから、実際に自分の目で観て確かめてみたいって思ったんです。でもチケットが全然取れなくて。それがとにかく悔しくて、もう半ば意地でファンクラブに入ったんですよ。

本濃:ファンクラブに入ったらチケット優待とかありますもんね(笑)。実際に観られていかがでしたか?

杉原:もう、やっぱり凄くて圧倒されましたね。最先端の技術を「これでもか!」と演出に取り込んでいて、とにかく観せるということに対して計算され尽くされている。あと、TAKAHIROも本当に厳しいオーディションを勝ち抜いて、ここまで辿り着いたというドラマ性もアツくて。そういう部分にスゴく演劇的なものを感じちゃうんです。現実に起きているドラマ性込みでライブを楽しむみたいな。お客さんに観てもらう作品、という意味では一緒じゃないですか、演劇もライブも。気楽にクラブとかライブに遊びに出かける感じで、「今日は演劇に行くんだよ」「マジで? アツイね!」っていう感じになったらいいのに、って、観ながらずっと思ってたんですけど。

本濃:EXILEからたくさんのことを学んでいるんですね。

本濃研太
本濃研太

杉原:自分の作品にもろに反映されてるわけでもないですけど、もともと「お祭り」が大好きなんですよ。みんなでバーッと盛り上がるような……。いきなりEXILEの話ばっかりですみません(笑)、やっぱり引っかかりますよね? だいたい演劇とEXILEってつながらないですからね。

本濃:ファンだったらこんなに面白いものはないだろうなって思います(笑)。

渋さ知らズの舞台美術を作ったときは、チーム作業になかなか慣れなくて。でも、終わったら楽しかったことしか覚えてない。(本濃)

杉原:でも、本濃さんが段ボールで彫刻を作ろうと思ったきっかけってなんだったんですか? 今日の取材のお話をいただいたとき「段ボール彫刻家の本濃さん」とあって。え、そんなジャンルがあるの? って、まず思ったんですよ。僕は美術に全然詳しくないから。

本濃:明確にはないと思いますけど、日比野克彦さんとか段ボールを素材にしている人はいますね。小さい頃から絵を描くのは好きで、普通の大学に通った後に美術の専門学校に行って、そのあたりから今の段ボール彫刻を始めたんです。最初はお金をかけないで大きいものを作りたいと思ったんですよ。大きい作品を作るのは楽しいですし、手に馴染んだ素材だから作りたいイメージに近づけやすいんです。

本濃研太の段ボール彫刻作品
本濃研太の段ボール彫刻作品

杉原:渋さ知らズの舞台美術も手がけていますよね。舞台との接点はどこから生まれたんですか?

本濃:渋さ知らズとも関わりが深い「風煉ダンス」っていう劇団のメンバーがやってる「niwa-coya」というギャラリーで展示したことがあって。そこで風煉ダンス主宰・演出の笠原真志さんにお会いしたんです。笠原さん、ただでさえ眼の大きな人なんですけど、昔上演した野外劇の話を爛々と目を輝かせながら話すんですよ。それで「面白そうだなあ!」って。

杉原:実際にやってみてどうでした?

本濃:楽しかったです。途中はもうイヤになったこともありましたけど。もう二度とやらない! って(笑)。普段は全部一人で制作して、スケジュールも立ててやっているので、チーム作業になかなか慣れなくて。でも、終わったら楽しかったことしか覚えてない。

杉原:舞台は共同作業ですからねえ。それの良さと煩わしさがありますよね。

本濃:でも、杉原さんは演出だけじゃなく、舞台美術も作るって聞いたので、今日はちょっと緊張しているんです。

杉原:緊張しないでくださいよ(照)。舞台美術と美術作品はまたちょっと違いますからねえ。

Page 1
次へ

イベント情報

『あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014』

2014年8月1日(金)18:30開演
2014年8月2日(土)、8月3日(日)13:00開演
会場:東京都 東池袋 あうるすぽっと
演出・美術:杉原邦生
作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:桑山智成
出演:
内田淳子
菊沢将憲
箱田暁史(てがみ座)
福原冠
岡野康弘(Mrs.fictions)
熊川ふみ(範宙遊泳)
後藤剛範(国分寺大人倶楽部)
森田真和
田中真之(劇団俳優座)
重岡漠(青年団)
笹木皓太(あんかけフラミンゴ)
むらさきしゅう
木之瀬雅貴
鍛治直人(文学座)
料金:一般3,500円 学生2,500円(全席指定) 豊島区民割引(在住・在勤、要証明書提示)3,000円 障害者割引(介助者1名まで、要障害者手帳提示)2,000円
※豊島区民割引および障害者割引チケットはあうるすぽっとチケットコールでのみ取扱。

『ホワイエ展示 シェイクスピア城』
2014年8月1日(金)~8月3日(日)、8月12日(火)~8月31日(日)10:00~17:00
会場:東京都 東池袋 あうるすぽっとホワイエ
料金:無料

ワークショップ『Yucaさんと自分だけのお花を作ろう!』
2014年8月1日(金)11:00~14:00
会場:東京都 東池袋 あうるすぽっとホワイエ
講師:Yuca Takahashi
料金:無料(予約不要)
※不要になった古着など(薄い生地が望ましい)持参、31日までの開催期間中はいつでも制作可能

プロフィール

杉原邦生(すぎはら くにお)

1982年生まれ。京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科在籍中より、演出・舞台美術を中心に活動。2004年、自身が様々な作品を演出する場として、プロデュース公演カンパニー「KUNIO」を立ち上げる。歌舞伎演目上演の新たなカタチを模索するカンパニー「木ノ下歌舞伎」には2006年より参加、『CoRich舞台芸術まつり!2013春』でグランプリを受賞した『黒塚』、『フェスティバル/トーキョー13』公式プログラム『東海道四谷怪談-通し上演-』などを演出。こまばアゴラ劇場が主催する舞台芸術フェスティバル『サミット』ディレクターや、『KYOTO EXPERIMENT』フリンジ企画のコンセプトを務めるなど、活動の幅を広げている。

本濃研太(ほんのう げんた)

1978年北海道生れ。神奈川県在住。2003年よりダンボール彫刻を中心に活動。個展やグループ展での発表のほか演劇、音楽、ファッション、雑貨とのコラボレーションも行っている。2012年には宮城県の古民家を再生した「風の沢ミュージアム」にて半年問、自身最大規模の展覧会を開催。また、調布市せんがわ劇場にて公演された、劇団「風煉ダンス」の『ゲシュタル島崩壊記』の舞台美術を担当。2013年には神奈川芸術劇場にて公演された、渋さ知らズ大オ一ケス卜ラ『天幕渋さ船~龍轍MANDALA~』に美術として参加した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで