悪魔のしるし新作公演は実際の父子で「演劇的生活」描く『わが父、ジャコメッティ』

悪魔のしるしの公演『わが父、ジャコメッティ』が、10月11日から神奈川・横浜のKAAT神奈川芸術劇場中スタジオで上演される。

2008年に演出家・危口統之によって立ち上げられた悪魔のしるし。構成員のほとんどが演劇を専門とせず、これまでに演劇、パフォーマンス、建築、美術など様々な要素を取り入れた作品を発表している。

同作は、彫刻家アルベルト・ジャコメッティによる肖像画のモデルを務めた日本人として知られる矢内原伊作が遺した、矢内原とジャコメッティとの対話記録集が原案。痴呆から自身をジャコメッティだと思い込む画家の父と、父の幻想に付き合い、矢内原役としてデッサンのモデルを務める息子の関係性を軸に、父子の「演劇的生活」を描く。息子役を演じるのは危口。自身をジャコメッティだと思い込む父役を、危口の実父で洋画家の木口敬三が演じる。

なお同作は、10月16日から京都・京都芸術センター講堂で『KYOTO EXPERIMENT 2014』の公式プログラムとして上演されるほか、11月4日からは『CURTURESCAPES TOKYO 2014』の公式プログラムとしてジャコメッティの故郷スイスで上演される。

イベント情報

悪魔のしるし×KAAT
『わが父、ジャコメッティ』

作・演出:危口統之
原案:矢内原伊作『ジャコメッティ』『完本 ジャコメッティ手帖』(みすず書房)
音楽:阿部海太郎
映像:荒木悠
出演:
木口敬三
木口統之
大谷ひかる

横浜公演
2014年10月11日(土)~10月13日(月・祝)全5公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
料金:一般 前売3,000円 当日3,500円 シルバー2,500円 U24(24歳以下)1,500円 高校生以下1,000円
※シルバー、U24、高校生以下チケットは、チケットかながわにて窓口・電話予約のみ枚数限定で取扱

京都公演
2014年10月16日(木)~10月19日(日)全4公演
会場:京都府 京都芸術センター 講堂
料金:
前売 一般2,500円 25歳以下・学生2,000円 65歳以上2,000円 高校生以下1,000円
当日 一般3,000円 25歳以下・学生2,500円 65歳以上2,500円 高校生以下1,000円

スイス公演
2014年11月4日(火)
会場:スイス クール Theater Chur

2014年11月6日(木)
会場:スイス ベリンツォーナ Teatro Sociale Bellinzona

2014年11月11日(火)
会場:スイス バーゼル Das Neue Theater am Bahnhof

  • HOME
  • Stage
  • 悪魔のしるし新作公演は実際の父子で「演劇的生活」描く『わが父、ジャコメッティ』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて