ニュース

『赤瀬川原平の芸術原論』展に作品や資料500点超、約50年におよぶ創作活動を辿る

『赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで』が、10月28日から千葉市美術館で開催される。

1937年生まれの赤瀬川は、1960年に篠原有司男、吉村益信、荒川修作らの結成した「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」に参加し、1963年には中西夏之、高松次郎と「ハイレッド・センター」の活動を開始。同時期に制作していた作品『模型千円札』が通貨及証券模造取締法違反に問われたことによる裁判「千円札裁判」などで、現代美術の枠を越えて注目を集めた。さらに漫画家、イラストレーター、小説家、エッセイストとしても知られるほか、街中で発見した奇妙な物件を写真で記録する「超芸術トマソン」「路上観察学会」「ライカ同盟」といった活動を展開している。

同展は、多岐に渡る創作活動の中で、観察眼や思考力を駆使して日常を新鮮な作品に変化させる赤瀬川の、約50年におよぶ表現を振り返る回顧展。「ハイレッド・センター」での活動や「千円札裁判」に関連した資料や記録写真、70年代に制作した漫画やイラストレーションの原画、80年代の「路上観察学会」や「トマソン」の関連資料など500点を超える作品や資料が展示される。さらに、土方巽、唐十郎、足立正生、オノ・ヨーコ、瀧口修造、林静一、つげ義春、永山則夫、中平卓馬、鈴木志郎康らとの交友を示す作品資料を通して、当時の文化的状況の一部が紹介される。

また関連イベントとして、藤森照信、秋山祐徳太子、松田哲夫による『路上観察学会VSライカ同盟』、南伸坊、久住昌之、松田哲夫による『原平さんは弟子の七光り』、田名網敬一、谷川晃一、山下裕二による『ハイレッド・センター、内科画廊とその周辺』といったトークショーを開催。イベントによって参加申込の締め切り日が異なるので、参加希望者はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで』

2014年10月28日(火)~12月23日(火・祝)
会場:千葉県 千葉市美術館
時間:10:00~18:00 金、土曜10:00~20:00(入場受付は閉館の30分前まで)
休館日:11月4日、12月1日
料金:一般1,000円 大学生700円
高校生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

トークショー
『路上観察学会VSライカ同盟』

2014年11月1日(土)15:00~
会場:千葉県 千葉市美術館 11階 講堂
出演:
藤森照信
秋山祐徳太子
松田哲夫
定員:150名
料金:無料(要事前申込)

『原平さんは弟子の七光り』
2014年11月15日(土)14:00~
会場:千葉県 千葉市美術館 11階 講堂
出演:
南伸坊
久住昌之
松田哲夫
定員:150名
料金:無料(要事前申込)

『ハイレッド・センター、内科画廊とその周辺』
2014年11月15日(土)14:00~
会場:千葉県 千葉市美術館 11階 講堂
出演:
田名網敬一
谷川晃一
山下裕二
定員:150名
料金:無料(要事前申込)

ワークショップ
『多元宇宙の缶詰』

2014年12月21日(日)13:00~
会場:千葉県 千葉市美術館 11階 講堂
ゲスト:永井均(哲学者、日本大学教授)
定員:20名
料金:無料(要事前申込)

赤瀬川原平『復讐の形態学(殺す前に相手をよく見る)』1963年 名古屋市美術館蔵
赤瀬川原平『復讐の形態学(殺す前に相手をよく見る)』1963年 名古屋市美術館蔵
赤瀬川原平『押収品・模型千円札Ⅲ梱包作品(かばん)』1963年 名古屋市美術館蔵
赤瀬川原平『押収品・模型千円札Ⅲ梱包作品(かばん)』1963年 名古屋市美術館蔵
赤瀬川原平『宇宙の缶詰』1964/1994年 作家蔵 協力:白石コンテンポラリーアート
赤瀬川原平『宇宙の缶詰』1964/1994年 作家蔵 協力:白石コンテンポラリーアート
赤瀬川原平『漫画主義』No.6ポスター 1969年 作家蔵 協力:白石コンテンポラリーアート
赤瀬川原平『漫画主義』No.6ポスター 1969年 作家蔵 協力:白石コンテンポラリーアート
赤瀬川原平『トマソン黙示録 真空の踊り場・四谷階段』1988年 大分市美術館蔵
赤瀬川原平『トマソン黙示録 真空の踊り場・四谷階段』1988年 大分市美術館蔵
画像を拡大する(10枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察