ニュース

元銀杏・安孫子真哉らが新レーベル「KiliKiliVilla」設立、第1弾作品はLIFE BALL

安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフプロデューサーを務める新レーベル「KiliKiliVilla」が設立され、第1弾作品としてLIFE BALLのアルバム『If I Were Your Friend』が12月10日にリリースされる。

LIFE BALLは1993年から1996年にかけて活動したパンクバンド。解散後に、GOINGSTEADYが彼らの楽曲“Because I Love It”をカバーしたほか、2011年にはWiennersらが参加したトリビュートアルバムもリリースされている。

『If I Were Your Friend』には、コンピレーションアルバムに提供した楽曲やデモテープ音源、未発表テイクなどのレア音源を収録。13曲のライブ映像を収めたDVDも付属する。

なお、KiliKiliVillaの運営陣には安孫子に加え、与田太郎、福井隆史が名を連ねている。今後はCAR10のアルバムリリースを予定しているほか、コンピレーションアルバムなども制作するという。12月28日には東京・新代田のFEVERでSEVENTEEN AGAiN、LINK、CAR10、NOT WONKらが出演するレーベル設立記念ライブも行われる。

安孫子真哉のコメント

バンドを辞めて東京を離れ、地方の町でごく一般的な暮らしをしていたのですが、少しずつライヴを観に行ったり、色々なバンドをチェックしていくうちに、やっぱり何かやってシーンに参加したいなという思いが芽生えてレーベルを始めようと思いました。自分のこれまでの経験した事や考えた事で、色々と思う事が沢山あったので、しっかりと地に足のついた活動をしていけたらと考えております。レーベル名「キリキリ」の出典は私の地元山形出身の作家、井上ひさしの「吉里吉里人」という小説があって、東北のある村が日本から独立するというかなりアナーキーな話なのですが 笑。そんな意味あいも込めつつ 笑。自分達の居場所をきちんと作りたいという思いです。

リリース情報

LIFE BALL
『If I Were Your Friend』(CD+DVD)

2014年12月10日(水)発売
価格:2,484円(税込)
KKV-005

[CD]
1. Searchig For Fun(“Mosh Pop" Gods Pop 1995)
2. Don't See It("Something Else" Spice Of Life 1995)
3. Love Me("Not Superstitious 2" Snuffy Smile 1995)
4. Just Do Something("Punk Rock Superheroes" Skippy 1997)
5. Waster(Demo Tape)
6. Love,Peace&Understanding(Demo Tape)
7. S.O.I.A.(Demo Tape)
8. The Science Of Myth("Stab Weasel To Death" Skippy 1997)
9. Searchig For Fun(Demo Tape)
10. All Living Is In One Groove(Demo Tape)
11. Don't See It(Demo Tape)
12. The Song Of Tree(Demo Tape)
13. Love Me(LIve at 難波ロケッツ/1995.8.4)
14. If I Were Your Friend(Demo Tape)
15. No One Can Be Right(Demo Tape)
[DVD]
1. Because I Love It
2. Searchin' For Fun
3. Tree Song
4. All Living Is In One Groove
5. Waster
6. Love Me
7. I Can't Entrust My Heart Anything
8. Where Do I Go?
9. No One Can Be Right
10. Unity(Operation Ivy's Cover)
12. Love Me
13. Because I Love It

amazonで購入する

KiliKiliVillaロゴ
KiliKiliVillaロゴ
LIFE BALL『If I Were Your Friend』ジャケット
LIFE BALL『If I Were Your Friend』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察