ニュース

ダリオ・アルジェント監督新作はイギー・ポップが殺人鬼のホラークリスマス映画

ダリオ・アルジェント監督が、イギー・ポップが出演するホラー映画『THE SANDMAN(原題)』を制作していることがわかった。

同作は、イタリアホラー映画界を代表する監督であるアルジェントの新作クリスマスムービー。眠らない子どもたちの目玉を盗み、月にいる自分の子どもに餌として与えるサンドマンを描いたE.T.A.ホフマンの1816年の同名短編をもとにした作品だ。映画は、子どもの頃、クリスマスイブの夜に目の前で母親の命を奪った連続殺人鬼サンドマンを殺したことがトラウマになっているネイサンが主人公。かつて殺したはずのサンドマンと同じマスクの殺人鬼が再び現れたことを機に展開される物語を描く。イギー・ポップはサンドマンを演じる。

アルジェント監督にとって、自身のキャリアの集大成的な作品になるという同作。監督は、「雪の結晶やトナカイがひくソリなどを描いた善良なクリスマスムービーはうんざりだ。強さやバイオレンス、恐怖を描くクリスマスムービーを作ろうと思っている」と語っている。

同作では、クラウドファンディングサイトIndiegogoで現地時間の11月8日まで資金を募集中。2万5千ドルの寄付でイギーと共に同作に出演できる権利や、イギー、監督とランチもしくはディナーに行ける権利などが手に入るほか、イギーが着用したサンドマンの衣装、イギーのサイン入りフィギュアなど、寄付金額に応じて様々な特典が用意されている。目標金額は25万ドルとなる。なお現在YouTubeでは監督のコメントや、イギーが寄付を呼びかける映像が公開されている。

イギー・ポップ ©Masayoshi Sukita
イギー・ポップ ©Masayoshi Sukita
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場