映画監督・安藤桃子の写真展、東京で活躍する5人の女性を撮り下ろし

安藤桃子の写真展『one “1” woman living in Tokyo』が、10月28日まで東京・伊勢丹新宿店本館5階センターパーク/ザ・ステージ#5で開催されている。

2作目の長編映画『0.5ミリ』が11月8日から全国で順次公開される安藤桃子監督。女優・安藤サクラの実姉としても知られている。同展では、安藤が「東京を拠点に活躍する女性」を撮り下ろした写真を展示。現代芸術活動チーム「目」としても活動するアーティストの荒神明香をはじめ、フードプロデューサーでシェフの寺脇加恵(株式会社BeautyBar代表取締役)、女優の中澤梓佐、日本舞踊家の藤間蘭翔(藤間流師範)、藤本祐(モデル事務所AMAZONEマネージャー)の5人が被写体となり、展示作品は全て被写体本人の自宅やアトリエで撮影されている。

また、10月18日には安藤と同展のキュレーションを手掛けた後藤繁雄によるトークイベントが開催される。参加申込みは現在受付中だ。

なお会場では、展示販売企画『東京女子部屋』も同時開催。東京で暮らす2人の女性の部屋をイメージした雑貨や小物などが展示販売される。


イベント情報

安藤桃子写真展
『one “1” woman living in Tokyo』

2014年10月15日(水)~10月28日(火)
会場:東京都 新宿 伊勢丹新宿店本館5階センターパーク/ザ・ステージ#5
時間:10:30~20:00
料金:無料

『one “1” woman living in Tokyo』トークイベント
2014年10月18日(土)14:00~14:30
会場:東京都 新宿 伊勢丹新宿店本館5階センターパーク/ザ・ステージ#5
出演:
安藤桃子
後藤繁雄
定員:20名(先着制、要事前申込)

  • HOME
  • Art/Design
  • 映画監督・安藤桃子の写真展、東京で活躍する5人の女性を撮り下ろし

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて