特集 PR

アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」

アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」

インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

7月18日から資生堂ギャラリーで個展『たよりない現実、この世界の在りか』展を開催する現代芸術活動チーム目【め】は特異なアーティストグループだ。現象を知覚化することをコンセプトとし、東京藝術大学大学院卒業とほぼ同時に東京都現代美術館への作品収蔵が決まった俊英・荒神明香。一般から広く募ったアイデアを大勢との協働体制で実現するプロジェクト型の作品で知られるwah document(わうどきゅめんと / 南川憲二+増井宏文)。それぞれ、若手アーティストの中でも精力的な活動で注目を集めた2組が、それまでのキャリアを一旦リセットして、目【め】を結成したのである。目的は荒神の中にあるイメージやコンセプトを実現すること。そのためにwah documentの2名はアーティストとしてのキャリアを半ばストップするかたちで、目【め】に参加している。アーティストが批評家や評論家になるケースは美術史を遡ればいくつも例がある(その逆もしかり)。だが、他のアーティストのためにアーティストを辞め、制作とディレクションに徹する決断はきわめて稀だ。その大きな決断へと3人を導いたものとは何だったのか? 個展を前に多忙な毎日を過ごす南川と荒神にインタビューした。

自分から見れば本当に天才にしか見えない荒神のアイデアを実現するために、僕たちが本気で突き詰めていければ、より強烈な「アートの実感」が得られるんじゃないかと思った。(南川)

―目【め】って、シンプルで非常に覚えやすいグループ名ですよね。そんな名前をつけた理由から教えていただけますか?

南川:最初は……直感でしたね。

荒神:ある日、トイレに入っていた南川くんが「いい名前思いついた!」って言いながら飛び出してきて、それが目【め】だったんです(笑)。

左から:南川憲二、荒神明香
左から:南川憲二、荒神明香

―まるで啓示のように(笑)。

南川:あとで考えてみると、荒神は空間に現象を起こすような作品を作っていて、「肉眼に届ける」って言葉をよく使っていたんです。それは美術に関わらず、現象として起こっていることを、人の網膜に残したいという意味だったんですね。そして僕がやってきた表現活動wah documentは、いろんな人が思いついたアイデアが作品として実現する瞬間を、参加者と一緒に「目のあたり」にすることをテーマにしてやってきた。そこで両者に共通していて、かつシンプルな目【め】がいいなと思ったんです。あと海外でも活動していきたいと思っていて、目【め】なら全世界共通で呼んでもらえるかもしれないと。

―目【め】の結成を知って一番驚いたのは、すでにいろんな展覧会やプロジェクトで活躍して知名度もあった荒神さんとwah documentが一緒になったということです。以前から交流はあったんでしょうか。

南川:そうですね。荒神の作品のアイデアを僕も出していたり、wah documentの展示方法とかで荒神に助けてもらったり、お互いに関わりはあったんです。でも、wah documentのほうがもう限界だったというか……。

堀wah47『家を持ち上げる』協同制作「ORERA」
wah47『家を持ち上げる』協同制作「ORERA」

―限界?

南川:これまで、一般の方から集めたアイデアが3000以上あって、『家を持ち上げる』とか、『ふねを作って無人島に行く!!』とか、60近くを作品として実現してきたんですけど、だんだんこういう素材で、こういうふうにやれば形になる、というのが予測できるようになってしまって。

―活動が定型化してきた?

南川:そもそも僕たちは「うわ!」と思えるような、「アートの実感」みたいなものを確かめたくて活動してきたんです。wah documentのプロジェクトって、参加者も僕らも、泣くくらい真剣にやらないと成立しないんですよ。そのテンションを保つために、たとえば子どもだけでやるとか、言葉がまったく通じない国へ行くとか、いろいろ試してはみたんです。でも、やはり慣れて飽きてしまった感じがどうしても否めなかった。そのときに思ったのは、自分から見れば本当に天才にしか見えない荒神のアイデアを実現するために、僕たち(wah document)が本気で突き詰めていければ、より強烈な「アートの実感」が得られるんじゃないかと思ったんです。

堀wah35『川の上でゴルフをする』2009 東京・隅田川
wah35『川の上でゴルフをする』2009 東京・隅田川

―目【め】では、荒神さん(アーティスト)、南川さん(ディレクター)、増井さん(制作)という3人のメンバーで役割分担をされているそうですが、具体的にどういった方法で作品が生まれていくのですか?

南川:まず、荒神が話すアイデアやコンセプトを僕がひたすらメモって、それが作品の形として固まってきたら、増井に具体的にどれくらいの工数や人が必要なのかを相談して、スケジュールを組んで実制作が進行していくという感じですね。僕は制作中も完成に向けて荒神がフィニッシュできるように、いろいろ素材を用意して選んでもらったりとか、そういうこともしています。

Page 1
次へ

イベント情報

『たよりない現実、この世界の在りか』

2014年7月18日(金)~ 8月22日(金)
会場:東京都 銀座 資生堂ギャラリー
時間:平日11:00~19:00 日曜・祝日11:00~18:00
休館日:休館日:毎週月曜(月曜日が休日にあたる場合も休館)
料金:無料

目【め】によるギャラリートーク
2014年8月3日(日)14:00~16:00
会場:東京都 銀座 ワード資生堂(東京銀座資生堂ビル9階)
出演:南川憲二(ディレクター)、荒神明香(アーティスト)
定員:60名(要事前申込)
料金:無料

プロフィール

目【め】

アーティストの荒神明香、wah document(南川憲二、増井宏文)らによって組織された現代芸術活動チーム。2012年より活動を開始。鑑賞者の「目」を道連れに、未だみぬ世界の果てへ直感的に意識を運ぶ作品を構想する。2013年には『瀬戸内国際芸術祭』に『迷路のまち~変幻自在の路地空間~』で参加。2014年2月には『状況の配列』展を、福岡・三菱地所アルティアムにて開催。その続編となる展覧会『たよりない現実、この世界の在りか』を資生堂ギャラリーにて開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)