ニュース

『東京フィルメックス』でキム・ギドク新作やクローネンバーグ特集など20作品超上映

国際映画祭『第15回東京フィルメックス』の全上映作品が発表された。

2000年に初開催され、今年で15回目を迎える同映画祭。今年は11月22日から11月30日まで、東京・有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇などで開催される。アジアの新進作家を紹介する『東京フィルメックス・コンペティション』では『ヴェネチア国際映画祭』オリゾンティ部門で監督賞を受賞したナジ・アブヌワール監督の『ディーブ』、『カンヌ国際映画祭』ある視点部門で上映されたチョン・ジュリ監督の『扉の少女』など9作品が上映される予定だ。

特別招待作品は、オープニングを飾る塚本晋也監督作『野火』、クロージング作品となるデヴィッド・クローネンバーグ監督作『マップ・トゥ・ザ・スターズ』に加えて、キム・ギドク監督が女子高生殺害事件の容疑者たちを追及する謎の集団を描いた最新作『ONE ON ONE(原題)』、染谷将太と前田敦子が共演した廣木隆一監督作『さよなら歌舞伎町』、托鉢僧に扮したリー・カンションがフランス・マルセイユをスローモーションで歩く様子を描くツァイ・ミンリャン監督作『西遊』など10作品が上映される。また、サプライズ作品の上映も予定されているとのこと。

また、デヴィッド・クローネンバーグ監督の特集上映では、同監督が学生時代に制作したデビュー作『ステレオ/均衡の遺失』、『クライム・オブ・ザ・フューチャー/未来犯罪の確立』を上映。さらに「1960年」をテーマに据えた特集上映『1960 -破壊と創造のとき-』では、大島渚監督『青春残酷物語』、高橋治監督『彼女だけが知っている』、森川英太朗監督『武士道無残』が上映される。上映スケジュールなどはオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『第15回東京フィルメックス』

2014年11月22日(土)~11月30日(日)
会場:東京都 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇ほか

東京フィルメックス・コンペティション上映作品:
『彼女のそばで』(監督:アサフ・コルマン)
『ディーブ』(監督:ナジ・アブヌワール)
『数立方メートルの愛』(監督:ジャムシド・マームディ)
『プリンス』(監督:マームード・ベーラズニア)
『クロコダイル』(監督:フランシス・セイビヤー・パション)
『シャドウデイズ』(監督:チャオ・ダーヨン)
『生きる』(監督:パク・ジョンボム)
『扉の少女』(監督:チャン・ジュリ)
『ダリー・マルサン』(監督:高橋泉)
特別招待作品:
『野火』(監督:塚本晋也)
『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(監督:デヴィッド・クローネンバーグ)
『ツィリ』(監督:アモス・ギタイ)
『プレジデント』(監督:モフセン・マフマルバフ)
『西遊』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『ONE ON ONE(原題)』(監督:キム・ギドク)
『Sharing』(監督:篠崎誠)
『さよなら歌舞伎町』(監督:廣木隆一)
『ギフト(仮題)』(監督:リンダ・ホーグランド)
『真夜中の五分前』(監督:行定勲)
特集『1960 -破壊と創造のとき-』上映作品
『青春残酷物語』(監督:大島渚)
『彼女だけが知っている』(監督:高橋治)
『武士道無残』(監督:森川英太朗)
デヴィッド・クローネンバーグ特集上映:
『ステレオ/均衡の遺失』(監督:デヴィッド・クローネンバーグ)
『クライム・オブ・ザ・フューチャー/未来犯罪の確立』(監督:デヴィッド・クローネンバーグ)

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(監督:デヴィッド・クローネンバーグ)©2014 Starmaps Productions Inc./Integral Film GmbH
『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(監督:デヴィッド・クローネンバーグ)©2014 Starmaps Productions Inc./Integral Film GmbH
『野火』(監督:塚本晋也)©SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER
『野火』(監督:塚本晋也)©SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER
『ONE ON ONE(原題)』(監督:キム・ギドク)©2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
『ONE ON ONE(原題)』(監督:キム・ギドク)©2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
『西遊』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『西遊』(監督:ツァイ・ミンリャン)
『青春残酷物語』(監督:大島渚)©1960/2014松竹
『青春残酷物語』(監督:大島渚)©1960/2014松竹
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている