ニュース

狂言の人間国宝・野村萬、野村万作、山本東次郎が芸の継承者たちと共演するプログラム

『東京発・伝統WA感動 至高の芸、そして継承者~狂言』が、10月28日に東京・半蔵門の国立劇場大劇場で上演される。

同公演は、日本における伝統芸能や文化を紹介する「東京文化発信プロジェクト」の一環となる『東京発・伝統WA感動』内のプログラム。狂言の分野で存命している人間国宝は、和泉流の野村萬と野村万作、大蔵流の山本東次郎の三人となるが、同公演では三人それぞれが同じステージで流派にとって大切な演目を披露する。

野村万作は自身の長男である野村萬斎、山本東次郎は甥にあたる山本泰太郎、山本則重、野村萬は自身の次男である九世野村万蔵と共演するなど、厳しい修行を積む芸の継承者が出演する点も見どころとなる。前売チケットは完売しているが、当日券の先着販売も予定されている。販売開始時間などの詳細は同公演のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『東京発・伝統WA感動 至高の芸、そして継承者~狂言』

2014年10月28日(火)OPEN 18:30 / START 18:00
会場:東京都 半蔵門 国立劇場大劇場

和泉流『三番叟』(神楽式)
出演:
野村万作
野村萬斎

狂言 大蔵流『木六駄』
出演:
山本東次郎
山本泰太郎
山本則重
ほか

狂言 和泉流『舟渡聟』
出演:
野村萬
野村万蔵

料金:1等席6,000円 2等席4,000円 学生2,000円
主催:東京都、アーツカウンシル東京・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京発・伝統WA感動実行委員会

『東京発・伝統WA感動 至高の芸、そして継承者~狂言』チラシビジュアル
『東京発・伝統WA感動 至高の芸、そして継承者~狂言』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)