『ピタゴラスイッチ』のiPhoneアプリが登場、番組内の「うた」を解説付きで公開

NHK Eテレの教育番組『ピタゴラスイッチ』のiPad、iPhoneアプリ『ピタゴラうたのアプリ』がリリースされた。

2002年から放送されている『ピタゴラスイッチ』は、「考え方」を育てることを目的とした4歳から6歳児が対象の番組。「ピタゴラ装置」「アルゴリズムこうしん」などのコーナーや、様々な「考え方」が潜む楽曲で人気を博している。

今回リリースされたアプリは『ピのまき』『タのまき』『ゴのまき』の3種類。“アルゴリズムこうしん”“ピタゴラ装置41番の歌”“スーのうた”“いたちのたぬき”“ぼくのおとうさん”といった同番組で使用されている楽曲を映像と共に視聴することができる。また、各楽曲に潜む「考え方」や意図の解説も収録。さらに「おとうさんスイッチ」や“こたつたこ”といった番組内コーナーの特別コンテンツなども公開されている。

同アプリの企画・制作・デザインは『ピタゴラスイッチ』のコーナー企画・制作を手掛けるユーフラテスによるもの。監修は、番組監修を務める佐藤雅彦が担当している。

  • HOME
  • Life&Society
  • 『ピタゴラスイッチ』のiPhoneアプリが登場、番組内の「うた」を解説付きで公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて