唐沢寿明が「日本のシンドラー」に、杉原千畝の半生描く映画で小雪、濱田岳らと共演

映画『杉原千畝 スギハラチウネ』が、2015年秋に公開されることがわかった。

第二次世界大戦時、日本政府に背いてユダヤ難民にビザを発給し続け、約6千人の命を救ったことから、「日本のシンドラー」と呼ばれたリトアニア領事・杉原千畝。同作では、諜報外交官として危険な諜報戦に身を投じ、日本へ情報を発信し続けた杉原の信念も描きながら、波乱に満ちた半生を映像化する。

杉原役を演じるのは唐沢寿明。杉原の妻・幸子役には小雪がキャスティングされているほか、杉原が発行したビザを持つユダヤ人たちを日本に移送した旅行会社の社員・大迫辰雄役を濱田岳、南川少尉役を塚本高史、岡崎役を滝藤賢一、駐・ドイツ大使の大島浩役を小日向文世が演じる。

メガホンをとったのは、『ブラックレイン』や『トランスフォーマー』などで助監督を務めたチェリン・グラック。撮影はワルシャワを中心に、ポーランド全域で行われており、クランクアップは11月下旬を予定している。

同作について唐沢は、「戦争を知らない世代にもエンターテインメントを通して、戦争とはどういうものなのか、人種差別とはどういうものなのかをこれからも忘れないように観て頂ければ嬉しいです」とコメントしている。

作品情報

『杉原千畝 スギハラチウネ』

2015年秋に全国で公開
監督:チェリン・グラック
出演:
唐沢寿明
小雪
ボリス・スジック
アグニシュカ・グロコウスカ
濱田岳
塚本高史
滝藤賢一
小日向文世

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 唐沢寿明が「日本のシンドラー」に、杉原千畝の半生描く映画で小雪、濱田岳らと共演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて