三上博史、染谷将太、リリーら出演、青山真治監督の中山七里原作ドラマ『贖罪の奏鳴曲』

青山真治監督のドラマ『贖罪の奏鳴曲』が、2015年1月24日22:00からWOWOWで放送される。

同作は、2009年に処女作『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した中山七里による同名小説をもとにした作品。中山の作品がドラマ化されるのは、今回が初となる。法外な報酬で必ず執行猶予を勝ち取る悪名高い不敗の弁護士・御子柴礼司を主人公に、御子柴が国選弁護人を務める保険金殺人事件を追っていたライターの水死によって、かつて殺人を犯した御子柴の過去が明らかになる様子を描く法廷ミステリーだ。

被告人が圧倒的不利に立たされている保険金殺人事件の国選弁護人を買って出る御子柴を演じるのは三上博史。さらに、入院している夫の人工呼吸器のスイッチを切って殺害したという容疑をかけられ、無罪を主張している被告人・東條美津子役をとよた真帆、美津子の息子で、半身不随のため車椅子での生活を送る幹也役を染谷将太、ライターの水死事件を調べるうちに、御子柴の過去に辿り着く刑事の渡瀬役をリリー・フランキーが演じる。

三上は自身の役どころについて、「原作、脚本も読ませていただいて、通常のドラマでしたら、弁護士だったり刑事だったりが事件を推理していく構成だと思うのですが、今回は私が演じる弁護士には過去に殺人を犯したという背景があって、単なる謎解きの案内人ではありません。そこに難しさもあり、演じ甲斐もあり、一筋縄ではいかないお話しだなぁ、と思います。(今回演じる御子柴は)所謂、正義の味方ではありません。ちょっとひねた、鼻持ちならない弁護士ですが、人一倍弱さも持ち合わせている。個人的な思いから、切れ者の推理がずれていくところも、面白いところでしょう」と語っている。

三上博史のコメント

青山組の「凄さ」が随所に出ているので、楽しんでいただけると思います。僕自身、ずっと、心待ちにしていた、リリーさんや、染谷さんとの初共演もお楽しみに。

青山真治監督のコメント

三上さんとは十数年ぶりの仕事です。プライベートではそれ以来何度もお会いしていまどういうことがやりたいかはお互いによくわかっているわけですが。何しろぼくの世代の最大のスター俳優の一人であり、かつ研ぎ澄まされたアーティストですから、一筋縄ではいきません。しかしキャメラの前に立った瞬間、これほど繊細な表情をなさるのか、主役を張るとはこういうことか、と改めて驚かされ、感動させられます。ともに仕事をするパートナーとしてはベストの一人です。この現場でも御子柴というきわめて特異なキャラクターをどう造型するか、二人でああでもないこうでもないと悪戦苦闘の日々です。ヒントは三上さんの心身にすべて宿っているのです。

中山七里のコメント

生来がひねくれ者であるため、小説を書く際には「映像化できるものならやってみろ」と思いながら筆を進めます。自ずと映像化には不向きなトリックを仕掛けたり、センシティブな問題を扱ったりすることが多くなります。『贖罪の奏鳴曲』もその例に洩れず、まず映像化は不可能だろうと悦に入っていました。従ってWOWOWさんからドラマ化の話をいただいた時、一番驚いたのはおそらくわたしだったでしょう。ともあれこのドラマに関わったスタッフ・キャストの皆さんには脱帽せざるを得ません。

番組情報

『贖罪の奏鳴曲』

2015年1月24日(土)22:00からWOWOWで放送開始
監督:青山真治
脚本:西岡琢也
原作:中山七里『贖罪の奏鳴曲』(講談社文庫)
音楽:山田勳生、青山真治
出演:
三上博史
染谷将太
とよた真帆
中原丈雄
リリー・フランキー
ほか

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 三上博史、染谷将太、リリーら出演、青山真治監督の中山七里原作ドラマ『贖罪の奏鳴曲』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて