ニュース

RADWIMPS野田洋次郎が映画初主演、手塚治虫の病床日記に触発された『トイレのピエタ』

野田洋次郎(RADWIMPS)が主演を務める映画『トイレのピエタ』が、2015年初夏に公開されることがわかった。

同作は、手塚治虫が死の直前まで病床で綴っていた日記に触発されて制作されたもの。手塚作品の根底に流れる生命の尊さを描いた作品になっているという。映画初主演となる野田は、主人公・園田宏役を演じる。

監督を務めるのは、現代美術家・ピュ~ぴるを約8年間にわたって撮影したドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』で知られる松永大司。製作を手掛けるのは、映画『ノルウェイの森』『ハチミツとクローバー』『真夜中の弥次さん喜多さん』などをプロデュースした小川真司と、映画『ヘルタースケルター』『監督失格』などをプロデュースした甘木モリオ。

ストーリーなどの詳細は明かされていないが、手塚治虫が死の1か月前となる1989年1月に綴った日記では、映画のタイトルとして採用された「トイレのピエタ」という言葉について、「今日素晴らしいアイデアを思いついた!トイレのピエタというのはどうだろう。癌の宣告を受けた患者が、何一つやれないままに死んでいくのはばかげていると、入院室のトイレに天井画を描きだすのだ…」「浄化と昇天。これがこの死にかけた人間の、世界への挑戦だったのだ!」と記されている。

作品情報

『トイレのピエタ』

2015年初夏全国公開
監督・脚本:松永大司
原拠:手塚治虫
主演:野田洋次郎
配給:松竹メディア事業部

『トイレのピエタ』 ©2015「トイレのピエタ」製作委員会
『トイレのピエタ』 ©2015「トイレのピエタ」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー