ニュース

indigo la Endの新シングル『さよならベル』、ジャケ写は川谷絵音思い出の場所で撮影

12月24日にリリースされるindigo la Endのニューシングル『さよならベル』のジャケットが公開された。

同作は、今年9月にリリースされたシングル『瞳に映らない』に続く、メジャー第2弾シングル。収録曲は、別れた恋人を今も忘れられない男性の心情を綴ったタイトル曲と、カップリング曲“SLY QUEEN”が収録される。川谷絵音(Vo,Gt / ゲスの極み乙女。)がディレクションを手掛けたというジャケットに使用されている写真は、川谷が以前近所に住んでいたという思い出の場所で撮影されたとのこと。

なお、同バンドは2月からワンマンツアー『幸せが溢れたら』を開催。同ツアーでは新潟、札幌、仙台、金沢、岡山、福岡、長崎、名古屋、大阪、東京を巡る。チケット一般発売は11月30日からスタート。


リリース情報

indigo la End
『さよならベル』(CD)

2014年12月24日(水)発売
価格:756円(税込)
WPCL-12037

1. さよならベル
2. SLY QUEEN

amazonで購入する

イベント情報

indigo la Endワンマンツアー
『幸せが溢れたら』

2015年2月20日(金)
会場:新潟県 GOLDENPIGS RED STAGE

2015年2月22日(日)
会場:北海道 札幌 BESSI HALL

2015年2月27日(金)
会場:宮城県 仙台 MACANA

2015年3月1日(日)
会場:石川県 金沢 AZ

2015年3月6日(金)
会場:岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM

2015年3月8日(日)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2015年3月11日(水)
会場:長崎県 DRUN Be-7

2015年3月13日(金)
会場:愛知県 名古屋 BOTTOM LINE

2015年3月15日(日)
会場:大阪府 BIG CAT

2015年3月17日(火)
会場:東京都 中野サンプラザ

indigo la End『さよならベル』ジャケット
indigo la End『さよならベル』ジャケット
indigo la End
indigo la End
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で