『007』シリーズ最新作は『SPECTRE』、ボンドガールにモニカ・ベルッチ、レア・セドゥ

2015年11月に公開される『007』シリーズ最新作のタイトルおよび新たなキャストが発表された。

2012年の前作『スカイフォール』に続く、シリーズ24作目となる同作。ダニエル・クレイグが4作目となるジェームズ・ボンドを演じ、前作と同じくサム・メンデスが監督を務める。

今回明らかになった新作のタイトルは『SPECTRE(原題)』。ボンドガール役にはモニカ・ベルッチ、レア・セドゥ、敵役にはクリストフ・ヴァルツがキャスティングされている。さらに前作に引き続き、M役をレイフ・ファインズ、Q役をベン・ウィショー、ミス・マネーペニー役をナオミ・ハリス、タナー役をロリー・キニアが演じるほか、アンドリュー・スコット、デイヴ・バウティスタもキャストに名を連ねている。なお、物語の詳細は明らかになっていないが、タイトルに掲げられた「SPECTRE」が同シリーズの過去作品に登場していた犯罪組織の略称と一致することから、何らかの関係性が予想される。

作品情報

『SPECTRE(原題)』

2015年11月公開予定
監督:サム・メンデス
出演:
ダニエル・クレイグ
クリストフ・ヴァルツ
モニカ・ベルッチ
レア・セドゥ
レイフ・ファインズ
ベン・ウィショー
ナオミ・ハリス
ロリー・キニア
アンドリュー・スコット
デイヴ・バウティスタ

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『007』シリーズ最新作は『SPECTRE』、ボンドガールにモニカ・ベルッチ、レア・セドゥ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて