ニュース

世田谷美術館エントランスが舞台、東京デスロック・多田淳之介新作公演『ENTRANCE』

演出家・多田淳之介の新作公演『ENTRANCE』が、1月8日、9日に東京・用賀の世田谷美術館エントランス・ホールで上演される。

東京デスロックを主宰する多田は、俳優や観客、時間を含めたその場での現象にフォーカスし、近年は客席と舞台の区分をなくすことで、観客の当事者性を取り入れた作品を発表している。なお、2010年には富士見市民文化会館キラリふじみの芸術監督に、公共文化施設演劇部門では 国内最年少で就任した。

『ENTRANCE』は、世田谷美術館のエントランス・ホールで行われる実験的なパフォーマンスシリーズ『トランス/エントランス』 のために上演される作品。多田は、「エントランス」の語義に立ち返りながら、「出会い」をキーワードにした新作を発表する。参加予約は世田谷美術館のオフィシャルサイトで受付中だ。


イベント情報

世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.13
『ENTRANCE』

2015年1月8日(木)、1月9日(金)20:00開演(19:30開場)
会場:東京都 用賀 世田谷美術館エントランス・ホール
構成・演出:多田淳之介
出演:
伊東歌織
福田毅
定員:各日約90名
料金:予約2,500円 当日3,000円
※中学生以下は無料、未就学児入場不可

世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.13『ENTRANCE』チラシ
世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.13『ENTRANCE』チラシ
多田淳之介
多田淳之介
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mom“ひみつのふたり”

5月22日発売の2ndアルバム『Detox』から“ひみつのふたり”のMVが公開。美容室らしき場所で、彼は自身の仕上がりに終始不安げで不服そうな顔を見せつつも、最終的にはひどい有様の自分を受け入れてその場を去っていく。そんな冷静さを持っているからこそ、ふと見せる<もう一層の事 牙でも生やして / 君の肩に齧り付きたい><買い換えたばかりの携帯は / 早いとこ傷つけたくなる>といった破壊衝動にハッとさせられてしまう。(中田)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密