ニュース

ヤン・シュヴァンクマイエルの22作品を一挙上映、『シュヴァンクマイエル映画祭2015』

ヤン・シュヴァンクマイエルの映像作品を紹介する特集上映『シュヴァンクマイエル映画祭2015』が、2月下旬から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

同映画祭では、長篇デビュー作『アリス』をはじめ、『ベルリン国際映画祭』で『アンジェイ・ワイダ賞』などを受賞した『オテサーネク』、シュヴァンクマイエルのシュルレアリストとしての側面が表現された『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』といった長編作品3本に加えて、数々の短編作品など全22作品を6プログラムに分けて上映。さらにシュヴァンクマイエルの原点ともいえる舞台作品の中で、特に関係の深いラテルナ・マギカの『魔法のサーカス』からシュヴァンクマイエルが人形演出をした場面を特別上映する。

同映画祭は4月から6月にかけて兵庫・神戸アートビレッジセンター、京都みなみ会館、大阪のシネ・ヌーヴォ、愛知・名古屋シネマテーク、北海道・札幌のシアターキノなどでも行われる予定。詳細は後日発表される。

なお、シュヴァンクマイエルは現在、カレル・チャペック原作による新作『虫』の撮影を準備しているとのこと。


ヤン・シュヴァンクマイエルのコメント

私の全ての映画は、全体主義(トータリテリアニズム)やいわゆる民主主義(デモクラシー)という文明の「裏面(バック・サイド)」において創られました。同時に、これらの映画は想像的なものであり、またこの幻術的な想像力は常に転覆的です。何故なら想像力は、実在(リアル)であることより可能であることを優先するからです。また、魔術的な想像は日本の伝統的な美術や芸術にも見受けられます。これゆえに、私の映画は日本の観客の皆様に受け入れられているのかもしれません。同じく私は、黒澤明監督のサムライ映画や魑魅魍魎に溢れる歌舞伎ないし伝統的な浮世絵などを嗜好しています。ご覧いただく映画祭のために選定した映画は、私の創作において想像の上位的な地位を示しているものです。何故なら、私は常に、フランスの偉大な詩人シャルル・ボードレールのように、想像力を人間の諸能力の女王と見なしていますから。

イベント情報

『シュヴァンクマイエル映画祭2015』

2015年2月下旬開催予定
会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
[Aプログラム]
『アリス』
[Bプログラム]
『オテサーネク』
[Cプログラム]
『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』
[Dプログラム]
『魔法のサーカス』
『棺の家』
『エトセトラ』
『ドン・ファン』
『コストニツェ』
『レオナルドの日記』
『アッシャー家の崩壊』
[Eプログラム]
『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』
『J.S.バッハ ―G線上の幻想』
『庭園』
『家での静かな一週間』
『オトラントの城』
『ジャバウォッキー』
[Fプログラム]
『自然の歴史(組曲)』
『部屋』
『対話の可能性』
『地下室の怪』
『陥し穴と振り子』
『男のゲーム』
『闇・光・闇』
配給:チェスキー・ケー、ザジフィルムズ、ディーライツ、レン コーポレーション

『アリス』 ©CONDOR FEATURES.Zurich/Switzerland.1988
『アリス』 ©CONDOR FEATURES.Zurich/Switzerland.1988
『オテサーネク』 ©Athanor
『オテサーネク』 ©Athanor
『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』 ©Athanor
『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』 ©Athanor
『魔法のサーカス』 ©1977 Narodni Divadlo Praha
『魔法のサーカス』 ©1977 Narodni Divadlo Praha
『ジャバウォッキー』 ©Athanor
『ジャバウォッキー』 ©Athanor
『闇・光・闇』 ©Kratky Film Praha a.s.
『闇・光・闇』 ©Kratky Film Praha a.s.
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今