ニュース

特集上映『見逃した映画特集2014』、『アデル』『her』など今年公開の39作を一挙上映

特集上映『見逃した映画特集2014』が、1月23日まで東京・渋谷のアップリンクで開催されている。

2014年に公開された映画の中からメジャー、インディーなどを問わずに連日上映する同イベント。上映作品は、昨年の『カンヌ国際映画祭』パルムドール受賞作『アデル、ブルーは熱い色』、ウェス・アンダーソン監督『グランド・ブダペスト・ホテル』、今泉力哉監督『サッドティー』、呉美保監督『そこのみにて光輝く』、ジャ・ジャンクー監督『罪の手ざわり』、スパイク・ジョーンズ監督『her/世界でひとつの彼女』、アレハンドロ・ホドロフスキーによる未完のSF大作を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』、ホドロフスキー監督『リアリティのダンス』、楳図かずお監督『マザー』、サラ・ポーリー監督『物語る私たち』、超小型カメラで捉えた海洋ドキュメンタリー『リヴァイアサン』など39作。

さらに、『キートス カウリスマキ』と題して、アキ・カウリスマキ監督の『コントラクト・キラー』『マッチ工場の少女』『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』が日替わりで上映されるほか、Nasのドキュメンタリー映画『Nas/タイム・イズ・イルマティック』とANARCHYのドキュメンタリー映画『DANCHI NO YUME』、『アクト・オブ・キリング』と『マージナル=ジャカルタ・パンク2014年版』がそれぞれ2本立てで上映される。

なお、オフィシャルサイトには、松江哲明、青柳文子、小島秀夫による上映作品3作の推薦コメントが掲載されている。

イベント情報

『見逃した映画特集2014』

2014年12月6日(土)~2015年1月23日(金)
会場:東京都 渋谷 アップリンク
上映作品:
『アデル、ブルーは熱い色』(監督:アブデラティフ・ケシシュ)
『ある優しき殺人者の記録』(監督:白石晃士)
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(監督:ジョナサン・グレイザー)
『石川文洋を旅する』(監督:大宮浩一)
『祖谷物語 -おくのひと-』(監督:蔦哲一朗)
『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』(監督:グレッグ・“フレディ”・キャマリア)
『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』(監督:フィリップ・グレーニング)
『グランド・ブダペスト・ホテル』(監督:ウェス・アンダーソン)
『こっぱみじん』(監督:田尻裕司)
『殺人ワークショップ』(監督:白石晃士)
『サッドティー』(監督:今泉力哉)
『ジプシー・フラメンコ』(監督:エヴァ・ヴィラ)
『世界の果ての通学路』(監督:パスカル・プリッソン)
『そこのみにて光輝く』(監督:呉美保)
『ダブリンの時計職人』(監督:ダラ・バーン)
『罪の手ざわり』(監督:ジャ・ジャンクー)
『ドストエフスキーと愛に生きる』(監督:ヴァディム・イェンドレイコ)
『なまいきチョルベンと水夫さん』(監督:オッレ・ヘルボム)
『ナンバーテンブルース さらばサイゴン』(監督:長田紀生)
『her/世界でひとつの彼女』(監督:スパイク・ジョーンズ)
『VHSテープを巻き戻せ!』(監督:ジョシュ・ジョンソン)
『FORMA-フォルマ-』(監督:坂本あゆみ)
『複製された男』(監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
『FRANK -フランク-』(監督:レニー・アブラハムソン)
『ぼくを探しに』(監督:シルヴァン・ショメ)
『ほとりの朔子』(監督:深田晃司)
『ホドロフスキーのDUNE』(監督:フランク・パヴィッチ)
『マザー』(監督:楳図かずお)
『物語る私たち』(監督:サラ・ポーリー)
『山口冨士夫/皆殺しのバラード』(監督:川口潤)
『リアリティのダンス』(監督:アレハンドロ・ホドロフスキー)
『リヴァイアサン』(監督:ルーシァン・キャステーヌ=テイラー、ヴェレナ・パラヴェル)
『コントラクト・キラー』(監督:アキ・カウリスマキ)
『マッチ工場の少女』(監督:アキ・カウリスマキ)
『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(監督:アキ・カウリスマキ)
『Nas/タイム・イズ・イルマティック』(監督:One9)
『DANCHI NO YUME』(監督:サム・コール&ジョナサン・ターナー)
『アクト・オブ・キリング』(監督:ジョシュア・オッペンハイマー)
『マージナル=ジャカルタ・パンク2014年版』(監督:中西あゆみ)
料金:
1作品 一般1,300円 学生・シニア1,100円 UPLINK会員1,000円
2本立て上映 一般1,800円 学生・シニア・UPLINK会員1,500円
※共にサービスデー適応外

『見逃した映画特集2014』チラシビジュアル
『見逃した映画特集2014』チラシビジュアル
『アデル、ブルーは熱い色』チラシビジュアル
『アデル、ブルーは熱い色』チラシビジュアル
『グランド・ブダペスト・ホテル』チラシビジュアル
『グランド・ブダペスト・ホテル』チラシビジュアル
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている