ニュース

きゃりーぱみゅぱみゅが初ドラマ主題歌、真木よう子×東出昌大『問題のあるレストラン』

きゃりーぱみゅぱみゅが、1月15日からフジテレビで放送される連続テレビドラマ『問題のあるレストラン』の主題歌を担当することがわかった。

主題歌に決定したのは、きゃりーぱみゅぱみゅの新曲“もんだいガール”。中田ヤスタカ(CAPSULE)が同作のために書き下ろした、理不尽な男社会で奮闘する女性たちの背中を押すポップな楽曲になっているという。きゃりーぱみゅぱみゅがドラマの主題歌を担当するのは、今回が初めてとなる。

同作のプロデューサー・清水一幸は主題歌について、「このドラマのテーマはとにかく“女性を応援する!女の子、頑張れ!”。日本の“カワイイ”文化の世界的アイコンと目される人物、きゃりーぱみゅぱみゅさんが主題歌を歌ってくれるということが、さらに女性からの支持が増えることになれば良いな、と考えました。そして、ドラマの舞台が原宿・表参道ということも、きゃりーぱみゅぱみゅさんにお願いしたい、というさらなる要因となりました。今回オファーに応えて頂いたことは本当にうれしく、さらに身の引き締まる思いになりました。頂いた曲は本当にドラマの世界観にピッタリですし、私が考える子供から大人まで楽しめる曲、そして誰もが口ずさめる曲だと思います」とコメントしている。

『問題のあるレストラン』は、ドラマ『最高の離婚』『それでも、生きてゆく』『Mother』などで知られる坂元裕二が脚本を手掛けるコメディー作品。東京の裏原宿を舞台に、問題を抱えた女性たちが、これまでに苦しめられた男たちを見返すためにレストランを立ち上げ、様々な困難に立ち向かいながら人生を変えるレシピを探していく様を描く。

レストランで働く女性たちのリーダー・田中たま子を演じるのは真木よう子。やがてたま子の恋の相手となるライバル店のシェフ・門司誠人を東出昌大が演じる。さらにたま子と共にレストランで働くメンバーとして、二階堂ふみ、高畑充希、松岡茉優、臼田あさ美、YOU、安田顕が出演するほか、菅田将暉、田山涼成、吹越満、杉本哲太もキャストに名を連ねている。制作は、坂元をはじめとする『最高の離婚』のスタッフが手掛ける。

きゃりーぱみゅぱみゅのコメント

初めてのドラマ主題歌を担当することができ、すごくうれしいです。
自分の素直な気持ちがふんだんにつまった、私らしいおもしろい曲に仕上がったかと思います。
2015年第1発目の新曲として、とてもパンチのある作品ですので、ぜひ楽しみにしていてください!

作品情報

『問題のあるレストラン』

2015年1月15日(木)10:00からフジテレビで放送
脚本:坂元裕二
演出:並木道子、加藤裕将
主題歌:きゃりーぱみゅぱみゅ“もんだいガール”
出演:
真木よう子
東出昌大
二階堂ふみ
高畑充希
菅田将暉
松岡茉優
臼田あさ美
YOU
安田顕
田山涼成
吹越満
杉本哲太

きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅ
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」