ニュース

『岡崎京子展』の展示内容が明らかに、原画300点超展示&小沢健二ら寄稿のカタログも

1月24日から東京・芦花公園の世田谷文学館で開催される『岡崎京子展』の詳細が明らかになった。

1983年に雑誌『漫画ブリッコ』でデビューした岡崎京子。『pink』『リバーズ・エッジ』といった作品で知られ、映画化もされた『ヘルタースケルター』では、『文化庁メディア芸術祭』マンガ部門優秀賞および『手塚治虫文化賞』マンガ大賞を受賞した。1996年に交通事故に遭い、現在は自宅療養を続けている。

今回明らかになった同展の正式タイトルは『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』。単行本に未収録の作品も含む300点を超える原画をはじめ、学生時代のイラストやスケッチ、1980年から1990年代の作品掲載誌、蜷川実花監督の映画『ヘルタースケルター』の関連資料などが展示される。会場では祖父江慎とコズフィッシュがデザインを手掛けたオリジナルグッズや、約400ページの展覧会カタログも発売。カタログには、よしもとばなな、小沢健二、大塚英志、椹木野衣らが寄稿しているほか、桜沢エリカ、安野モヨコ、しまおまほによる鼎談、様々なジャンルの作家による岡崎京子へのトリビュート作品も収録される。

さらに関連イベントとして、岡崎京子が愛する映画『ひなぎく』の上映会や、宮沢章夫によるレクチャー『ニッポン戦後サブカルチャー史 岡崎京子特論』、ZINEや編みぐるみを作るワークショップなども開催される。参加方法などの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』招待券をプレゼント

『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2015年1月4日)

イベント情報

『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』

2015年1月24日(土)~3月31日(火)
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館
時間:10:00~18:00
休館日:月曜
料金:一般800円 65歳以上・高校生・大学生600円 小・中学生300円 障害者手帳をお持ちの方400円
※1月30日は65歳以上無料

『ひなぎく』上映+ミニトーク
2015年1月25日(日)15:00~17:00
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 文学サロン
トーク出演:山崎まどか
定員:150名(先着順)
料金:500円

レクチャー
『ニッポン戦後サブカルチャー史 岡崎京子特論』

2015年1月31日(土)15:00~16:30
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 文学サロン
講師:宮沢章夫
定員:150名(要事前申込)
料金:500円

ワークショップ
『“90年代”ZINEをつくろう!』

2015年2月15日(日)14:00~17:00
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 講義室
企画:マンガナイト
定員:40名(要事前申込)
料金:500円

ワークショップ
『あみぐるみをつくろう!』

2015年2月28日(日)14:00~16:00
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 講義室
講師:タカモリ・トモコ
定員:25名(要事前申込)
料金:1,000円

『リバーズ・エッジ』カバー原画 ©岡崎京子/宝島社
『リバーズ・エッジ』カバー原画 ©岡崎京子/宝島社
『pink』カバー原画 ©岡崎京子/マガジンハウス
『pink』カバー原画 ©岡崎京子/マガジンハウス
『東京ガールズブラボー』原画 ©岡崎京子/宝島
『東京ガールズブラボー』原画 ©岡崎京子/宝島
『リバーズ・エッジ』原画 ©岡崎京子/宝島社
『リバーズ・エッジ』原画 ©岡崎京子/宝島社
『チワワちゃん』カバー原画 ©岡崎京子/KADOKAWA
『チワワちゃん』カバー原画 ©岡崎京子/KADOKAWA
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談