ニュース

『岡崎京子展』の展示内容が明らかに、原画300点超展示&小沢健二ら寄稿のカタログも

1月24日から東京・芦花公園の世田谷文学館で開催される『岡崎京子展』の詳細が明らかになった。

1983年に雑誌『漫画ブリッコ』でデビューした岡崎京子。『pink』『リバーズ・エッジ』といった作品で知られ、映画化もされた『ヘルタースケルター』では、『文化庁メディア芸術祭』マンガ部門優秀賞および『手塚治虫文化賞』マンガ大賞を受賞した。1996年に交通事故に遭い、現在は自宅療養を続けている。

今回明らかになった同展の正式タイトルは『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』。単行本に未収録の作品も含む300点を超える原画をはじめ、学生時代のイラストやスケッチ、1980年から1990年代の作品掲載誌、蜷川実花監督の映画『ヘルタースケルター』の関連資料などが展示される。会場では祖父江慎とコズフィッシュがデザインを手掛けたオリジナルグッズや、約400ページの展覧会カタログも発売。カタログには、よしもとばなな、小沢健二、大塚英志、椹木野衣らが寄稿しているほか、桜沢エリカ、安野モヨコ、しまおまほによる鼎談、様々なジャンルの作家による岡崎京子へのトリビュート作品も収録される。

さらに関連イベントとして、岡崎京子が愛する映画『ひなぎく』の上映会や、宮沢章夫によるレクチャー『ニッポン戦後サブカルチャー史 岡崎京子特論』、ZINEや編みぐるみを作るワークショップなども開催される。参加方法などの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』招待券をプレゼント

『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2015年1月4日)

イベント情報

『岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ』

2015年1月24日(土)~3月31日(火)
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館
時間:10:00~18:00
休館日:月曜
料金:一般800円 65歳以上・高校生・大学生600円 小・中学生300円 障害者手帳をお持ちの方400円
※1月30日は65歳以上無料

『ひなぎく』上映+ミニトーク
2015年1月25日(日)15:00~17:00
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 文学サロン
トーク出演:山崎まどか
定員:150名(先着順)
料金:500円

レクチャー
『ニッポン戦後サブカルチャー史 岡崎京子特論』

2015年1月31日(土)15:00~16:30
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 文学サロン
講師:宮沢章夫
定員:150名(要事前申込)
料金:500円

ワークショップ
『“90年代”ZINEをつくろう!』

2015年2月15日(日)14:00~17:00
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 講義室
企画:マンガナイト
定員:40名(要事前申込)
料金:500円

ワークショップ
『あみぐるみをつくろう!』

2015年2月28日(日)14:00~16:00
会場:東京都 芦花公園 世田谷文学館 講義室
講師:タカモリ・トモコ
定員:25名(要事前申込)
料金:1,000円

『リバーズ・エッジ』カバー原画 ©岡崎京子/宝島社
『リバーズ・エッジ』カバー原画 ©岡崎京子/宝島社
『pink』カバー原画 ©岡崎京子/マガジンハウス
『pink』カバー原画 ©岡崎京子/マガジンハウス
『東京ガールズブラボー』原画 ©岡崎京子/宝島
『東京ガールズブラボー』原画 ©岡崎京子/宝島
『リバーズ・エッジ』原画 ©岡崎京子/宝島社
『リバーズ・エッジ』原画 ©岡崎京子/宝島社
『チワワちゃん』カバー原画 ©岡崎京子/KADOKAWA
『チワワちゃん』カバー原画 ©岡崎京子/KADOKAWA
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業