ニュース

美術監督21人の仕事をカラー図版で紹介、『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』

映画美術にフォーカスした書籍『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』が、1月26日に刊行された。

同書では、21人の美術監督の仕事を紹介。それぞれの個性や特徴だけでなく、発想法やアイデアの源、映画製作の裏側なども垣間見ることができる内容となっているほか、スチール写真や絵コンテ、コンセプトアートなどのカラー図板が多数掲載されている。

紹介されている美術監督は、『博士の異常な愛情』のケン・アダム、『E.T.』のジム・ビゼル、『グーニーズ』のリック・カーター、『恋する惑星』のウィリアム・チャン、『エレファント・マン』のスチュアート・クレイグ、『ダークナイト』のネイサン・クロウリー、『イレイザーヘッド』のジャック・フィスク、『ハンナ』のサラ・グリーンウッド、『ロード・オブ・ザ・リング』のグラント・メイジャー、『チャーリーとチョコレート工場』のアレックス・マクダウェル、『ラストエンペラー』のフェルディナンド・スカルフィオッティ、『キル・ビル』の種田陽平、『ゴッドファーザー』のディーン・タヴラリスら。著者は『世界名作映画絵コンテ図鑑』のフィオヌラ・ハリガン。


書籍情報

『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』

2015年1月26日(月)発売
著者:フィオヌラ・ハリガン
訳者:石渡均
価格:3,024円(税込)
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』表紙
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』表紙
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
『映画美術から学ぶ「世界」のつくり方』より
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている