特集 PR

西部劇の神様ジョン・フォードに学ぶこれからの映画の生き残り方

西部劇の神様ジョン・フォードに学ぶこれからの映画の生き残り方

インタビュー・テキスト
小林英治
撮影:三野新

サイレントからトーキー、モノクロからカラー、西部劇から文芸作品まで、半世紀以上にわたってさまざまなジャンルの作品を撮り続け、ハリウッドの黄金期を体現した、アメリカを代表する映画監督ジョン・フォード。彼の生誕120年を記念して、あらゆる西部劇の中の頂点ともいわれる『駅馬車』(1939年)と、自身のルーツであるアイルランドを舞台にした傑作ヒューマンラブストーリー『静かなる男』(1952年)の2本が、デジタルリマスターでスクリーンに甦る。黒澤明やジャン=リュック・ゴダールなど世界中の映画監督に影響を与え、すでに古典とされるジョン・フォードの映画を、2014年の現在、どのように見ることができるのか? 幼少の頃からその作品群に親しみ、日本を代表する美術監督として世界中で活躍する種田陽平に、ジョン・フォード映画の魅力を聞いた。

『駅馬車』って、子どもが見てもワクワクできるし、クライマックスのアクションシーンは、今見ても素晴らしいですよ。

―ジョン・フォード監督生誕120年を記念して、この度、代表作の中から『駅馬車』と『静かなる男』の2作がデジタルリマスターで公開されることになりました。ジョン・フォードは1973年没なので、すでに40年以上前に亡くなっているわけですが、まずは種田さんが最初にジョン・フォードの映画を見たときの話を聞かせていただけますか?

種田:僕の父親がジョン・フォードが好きだったんです。父親は昭和初期の生まれなんですけど、その世代はだいたい西部劇が好きなんですよね。だから、小学校の低学年の頃には、『駅馬車』はもちろん『荒野の決闘』(1946年)や『リバティ・バランスを射った男』(1962年)など、ジョン・フォードの西部劇の作品は何本もテレビのオンエアで家族で見てました。それで、73年には『駅馬車』がニュープリント(劇場でかけるフィルムを新しく作り直すこと)でリバイバル公開されるというちょっとした事件があって、父に連れられて映画館に見に行ったのを覚えています。

『駅馬車』 ©MCMXXXIX BY WALTER WANGER PRODUCTIONS, INCORPORATED. ALL RIGHTS RESERVED.
『駅馬車』 ©MCMXXXIX BY WALTER WANGER PRODUCTIONS, INCORPORATED. ALL RIGHTS RESERVED.

―種田さんが何歳ぐらいのときですか?

種田:中学1年生ぐらいだったと思います。まだ家庭で視聴できるビデオソフトもない時代だから、ニュープリントでリバイバル上映というのは貴重だったんですよ。それまでにテレビでは何度も『駅馬車』を見てたんだけど、そのとき初めて劇場で見て、とにかく大迫力! って映画の世界に引き込まれてしまいました。『駅馬車』って基本はアクション映画だから、子どもが見てもワクワクできるし、クライマックスのアクションシーンというのは、今見ても素晴らしいですよ。

種田陽平
種田陽平

―ジョン・フォードは様々な映画を撮っていますが、主に西部劇を見ていたんですか?

種田:子どもの頃は西部劇全体が好きだったので、『シェーン』(ジョージ・スティーヴンス監督 / 1953年)やハワード・ホークスの西部劇もよく見てました。ただ、周りの友達が『荒野の七人』(ジョン・スタージェス監督 / 1960年)やスティーヴ・マックイーンの西部劇にはまっているときに、僕はジョン・ウェイン(ジョン・フォード作品の看板俳優)がカッコイイと思ってたから、世代的に20~30年ズレてましたね(笑)。そういう子どもだったので、ジョン・フォードはやはり特別な監督だったと思います。

―では、今回リバイバルされるもう1本の『静かなる男』を見たのはもっと後になってからでしょうか?

種田:大学に入ってからですね。ちょうどその頃、映画評論家による「ジョン・フォード再発見」の動きがあって。当時は、アート系の映画監督のほうが娯楽映画の監督より偉いと考えられていた傾向があった。そこでその方たちが、ジョン・フォードやハワード・ホークス、ヒッチコックといったいわゆるハリウッドの娯楽映画の監督が、実はすごいシネアスト(映画作家)であり、真のアーティストだというふうに持ち上げて、彼らのポジションを上げたんです。

―そうやって、ジョン・フォードが再び脚光を浴びたんですね。

種田:ただ、僕はそれがある意味不幸なことだったんじゃないかと思っています。僕の中ではジョン・フォードって子どもでも楽しめるエンターテイメントの人だったのに、それをきっかけに映画を研究している人が必ず見なきゃいけない映画作家みたいな雰囲気になっちゃった。地位が上がったことは良かったんだけど、結果的には一般の若い世代を遠ざけてしまって、ジョン・フォードが普通に見られなくなってしまったんじゃないかな、とも思うんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『ジョン・フォード監督生誕120年!「駅馬車」「静かなる男」デジタルリマスター版上映』

2014年9月27日(土)から10月17日(金)までシネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー、ほか全国順次公開
※シネマート心斎橋は10月10日(金)まで。

『駅馬車』デジタルリマスター版
1939年 / モノクロ / 99分
監督:ジョン・フォード
出演:
ジョン・ウェイン
トーマス・ミッチェル
配給:マーメイドフィルム

『静かなる男』デジタルリマスター版
1952年 / カラー / 129分
監督:ジョン・フォード、モーリン・オハラ
出演:ジョン・ウェイン
配給:マーメイドフィルム

プロフィール

種田陽平(たねだ ようへい)

美術監督。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。岩井俊二、三谷幸喜など日本を代表する映画監督のみならず、クェンティン・タランティーノ、チャン・イーモウなど海外の監督からも絶大な信頼を得、数々のヒット作品を手がけている。日本映画の代表作として、『スワロウテイル』(岩井俊二監督、1996年)、『不夜城』(リー・チーガイ監督、1998年)、李相日監督の『フラガール』(2006年)、『悪人』(2009年)、『空気人形』(是枝裕和監督、2008年)など。最新作としてスタジオジブリのアニメーション『思い出のマーニー』(米林宏昌監督、2014年)が公開中。映画固有の世界観の創造に定評があり、CF、PV等の映像表現、インスタレーション、舞台・コンサート・イベントなど空間表現などジャンルや国境を越境し活動を続け、これらの成果により、2010年に芸術選奨文部科学大臣賞を、2011年には紫綬褒章を受賞。著書に、角川oneテーマ21『ジブリの世界を創る』がある。また、10月24日には映画美術監督たちとの対談をまとめたインタビュー集『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』の刊行が予定されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表 9

    上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表

  10. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 10

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開