デーモン参加の音楽劇、Bjorkライブ、FKA Twigs滞在制作など、7月に英で国際アート祭

国際芸術祭『Manchester International Festival』が、7月2日からイギリス・マンチェスター市内の各会場で開催される。

『Manchester International Festival』は、2007年から2年に1回開催されているアートイベント。様々なアーティストがオリジナルの新作を発表するというコンセプトを掲げ、音楽、演劇、パフォーミングアーツなどの多彩なイベントが行われる。

今回は、デーモン・アルバーン(Blur)が音楽を手掛ける、モイラ・バフィーニ作、ルーファス・ノリス演出の舞台『wonder.land』を世界初上演。同作は、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』にインスピレーションを受けた新作ミュージカルとなる。

また、FKA Twigsが7日間にわたってアーティストインレジデンスを行い、7つのショートフィルムを作る『Soundtrack 7』、Jamie xxが音楽、オラファー・エリアソンがビジュアルコンセプト、ウェイン・マクレガーが演出と振付を手掛けるコンテンポラリーバレエ『Tree of Codes』、マキシン・ピークが出演し、ニコ・マーリーとアントニー・ハガティ(Antony & The Johnsons)が音楽を手掛けるキャリル・チャーチルの戯曲『The Skriker』などのプログラムが予定されている。

さらに、アルヴォ・ペルトとゲルハルト・リヒターが互いからインスピレーションを受け、互いに捧げる作品として制作されたコラボレーション作品が公開されるほか、Bjorkのライブ、Arcaとジェシー・カンダによるライブなども開催される。各プログラムの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットは現地時間の本日3月6日13:00から一般発売開始。

イベント情報

『Manchester International Festival』

2015年7月2日(木)~7月19日(日)
会場:イギリス マンチェスター 各会場

  • HOME
  • Life&Society
  • デーモン参加の音楽劇、Bjorkライブ、FKA Twigs滞在制作など、7月に英で国際アート祭

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて