『戦国BASARA』と「埼玉県立歴史と民俗の博物館」のコラボ展、政宗像も設置

ゲーム『戦国BASARA』のキャラクターを起用した特別展『戦国図鑑 ― Cool Basara Style(クールバサラスタイル)―』が、7月18日から埼玉・埼玉県立歴史と民俗の博物館で開催される。

「スタイリッシュ英雄(HERO)アクションゲーム」を掲げる『戦国BASARA』シリーズは、戦国時代の武将や史実をモチーフにしたカプコンのゲーム作品。2005年の第1作発売以降、アニメ化や舞台化もされているほか、2009年には宮城県知事選挙、2014年より大阪府、京都府、兵庫県各警察での車上狙い防止のイメージキャラクターに起用されている。

同展は、ゲームキャラクターへの関心を通して、若年層に埼玉県の歴史について学ぶきっかけを与えることを目的として開催。『戦国BASARA』に登場する上杉謙信や武田信玄といった武将ゆかりの武具や甲冑を展示するほか、エントランスには「伊達政宗騎馬像」を設置。また、『戦国BASARA』特別ブースでは、博物館で初披露となるゲーム中で使用された墨絵の原画を迫力あるサイズで展示する。

イベント情報

『戦国図鑑 ― Cool Basara Style(クールバサラスタイル)―』

2015年7月18日(土)~8月30日(日)
会場:埼玉県 埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室 季節展示室
休館日:7月27日、8月3日、8月10日、8月17日、8月24日

  • HOME
  • Life&Society
  • 『戦国BASARA』と「埼玉県立歴史と民俗の博物館」のコラボ展、政宗像も設置

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて