ニュース

ヴィム・ヴェンダース監督、写真家セバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画

写真家セバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』が、今夏に東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開される。

ブラジル出身のセバスチャン・サルガドは、写真を撮り始めた30代の頃から約40年間にわたって世界各国で撮影を行い、モノクロを基調とした様々な作品を発表。人間を被写体の中心に据え、死、破壊、腐敗といったテーマを扱った写真によって『ユージン・スミス賞』をはじめとする国際的な報道写真賞を数多く受賞している。

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』は、サルガドが「破壊されたものを撮るのではなく、いま在るがままのものを撮る。我々が必ず守らなければならないものを見せるために」という想いから2004年に始めたプロジェクト『Genesis』を追った作品。「地球上で最も美しい場所」を求め、ガラパゴスやアラスカ、サハラ砂漠などで撮影を行うサルガドの姿が捉えられている。

同作のメガホンをとったのは、同プロジェクトに同行したヴィム・ヴェンダースと、サルガドの息子であるジュリアーノ・リベイロ・サルガド。なお同作は、『第87回アカデミー賞』長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたほか、昨年の『カンヌ国際映画祭』ではある視点特別賞およびエキュメニカル審査員賞を受賞している。

作品情報

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』

2015年夏からBunkamuraル・シネマほか全国で公開
監督:ヴィム・ヴェンダース、ジュリアーノ・リベイロ・サルガド
音楽:ローレント・ピティガント
配給:RESPECT、トランスフォーマー

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 ©Sebastião Salgado ©Donata Wenders ©Sara Rangel ©Juliano Ribeiro Salgado
『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 ©Sebastião Salgado ©Donata Wenders ©Sara Rangel ©Juliano Ribeiro Salgado
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く