ニュース

ヴィム・ヴェンダース監督、写真家セバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画

写真家セバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』が、今夏に東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開される。

ブラジル出身のセバスチャン・サルガドは、写真を撮り始めた30代の頃から約40年間にわたって世界各国で撮影を行い、モノクロを基調とした様々な作品を発表。人間を被写体の中心に据え、死、破壊、腐敗といったテーマを扱った写真によって『ユージン・スミス賞』をはじめとする国際的な報道写真賞を数多く受賞している。

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』は、サルガドが「破壊されたものを撮るのではなく、いま在るがままのものを撮る。我々が必ず守らなければならないものを見せるために」という想いから2004年に始めたプロジェクト『Genesis』を追った作品。「地球上で最も美しい場所」を求め、ガラパゴスやアラスカ、サハラ砂漠などで撮影を行うサルガドの姿が捉えられている。

同作のメガホンをとったのは、同プロジェクトに同行したヴィム・ヴェンダースと、サルガドの息子であるジュリアーノ・リベイロ・サルガド。なお同作は、『第87回アカデミー賞』長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたほか、昨年の『カンヌ国際映画祭』ではある視点特別賞およびエキュメニカル審査員賞を受賞している。

作品情報

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』

2015年夏からBunkamuraル・シネマほか全国で公開
監督:ヴィム・ヴェンダース、ジュリアーノ・リベイロ・サルガド
音楽:ローレント・ピティガント
配給:RESPECT、トランスフォーマー

『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 ©Sebastião Salgado ©Donata Wenders ©Sara Rangel ©Juliano Ribeiro Salgado
『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』 ©Sebastião Salgado ©Donata Wenders ©Sara Rangel ©Juliano Ribeiro Salgado
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生