ニュース

蓮沼執太による全曲新曲ライブ、ゲストボーカルに高野寛、Phew、イルリメ、木下美紗都

蓮沼執太のライブ『蓮沼執太のメロディーズ』が、4月25日に東京・六本木のBillboard Live TOKYOで開催される。

ソロ名義や5人編成の蓮沼執太チーム、15人編成のアンサンブルの蓮沼執太フィルなどで数多くの音源をリリースしている蓮沼。坂本美雨や赤い公園をはじめとするアーティストのプロデュースや、舞台への楽曲提供なども行っているほか、インスタレーションなどの制作を手掛け、様々な展覧会で作品を発表している。

『蓮沼執太のメロディーズ』は、「メロディーの追求」をテーマに掲げ、全曲書き下ろしの新曲で構成される公演。ゲストボーカルに高野寛、Phew、イルリメ、木下美紗都を迎え、バンドメンバーとして蓮沼執太フィルのメンバーである石塚周太、ゴンドウトモヒコ、千葉広樹と、千住宗臣が出演する。

蓮沼は同公演に際して、「いわゆる西洋音楽的にはメロディ、リズム、ハーモニーの3つは音楽を作る上で欠かせない要素です。コミュニケーションの(フィル)ハーモニーを経て、今メロディに興味があります。それは唄であり、楽器の旋律です」とコメント。なお、公演の宣伝美術は大原大次郎が手掛けている。チケットは現在発売中。

イベント情報

『蓮沼執太のメロディーズ』

2015年4月25日(土)
会場:東京都 六本木 Billboard Live TOKYO
[1]OPEN 17:00 / START 18:00
[2]OPEN 20:00 / START 21:00
出演:
蓮沼執太
石塚周太
ゴンドウトモヒコ
千住宗臣
千葉広樹
ゲスト:
高野寛
Phew
イルリメ
木下美紗都
料金:サービス6,500円 カジュアル4,500円(ドリンク付)

『蓮沼執太のメロディーズ』メインビジュアル
『蓮沼執太のメロディーズ』メインビジュアル
蓮沼執太
蓮沼執太
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会