ニュース

菊池亜希子が作るこだわりのかき氷も、よしもとばなな原作『海のふた』予告編

よしもとばなな原作の映画『海のふた』の公開日が7月18日に決定。あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

予告編では、菊池亜希子が演じる主人公・まりが、手作業でかき氷屋の開店準備を行う様子や、時間をかけてかき氷を作る姿、三根梓が演じる少女・はじめちゃんが台所で涙を流すシーン、まりのかき氷を食べるはじめちゃんの姿などが映し出されている。さらに、まりの店のメニューで、神奈川・鵠沼海岸のかき氷店「埜庵」の石附浩太郎が監修を手掛ける糖蜜とみかん水のかき氷も確認することができる。

『海のふた』は、よしもとばななが原マスミの同名楽曲にインスピレーションを受けて執筆した新聞の連載小説が原作。よしもとが毎夏に家族で訪れていたという西伊豆の海辺を舞台に、東京での生活に疲れ、地元でかき氷店を開いたまりと、祖母を亡くしたことからまりの実家に預けられる顔に火傷の傷を持ったはじめちゃんのひと夏の交流や、心の再生を描く。監督を務めるのは、ドラマ『週刊真木よう子』、映画『花宵道中』などを手掛けた豊島圭介。

作品情報

『海のふた』

2015年7月18日(土)から新宿武蔵野館ほか全国で公開
監督:豊島圭介
原作:よしもとばなな『海のふた』(中公文庫)
主題歌:蘭華“はじまり色”
挿入歌:原マスミ“海のふた”
出演:
菊池亜希子
三根梓
小林ユウキチ
天衣織女
鈴木慶一
配給:ファントム・フィルム

『海のふた』ポスタービジュアル ©2015 よしもとばなな/『海のふた』製作委員会
『海のふた』ポスタービジュアル ©2015 よしもとばなな/『海のふた』製作委員会
『海のふた』 ©2015 よしもとばなな/『海のふた』製作委員会
『海のふた』 ©2015 よしもとばなな/『海のふた』製作委員会
『海のふた』 ©2015 よしもとばなな/『海のふた』製作委員会
『海のふた』 ©2015 よしもとばなな/『海のふた』製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会