ジェームス・ジャービスの15年ぶり日本個展、50点超のドローイングを展示

ジェームス・ジャービスの個展『NO MORE NEGATIVE SPACE』が、4月25日から東京・堀切菖蒲園のHHH galleryで開催される。

1970年生まれのジェームス・ジャービスは、イギリス・ロンドンを拠点に活動するアーティスト。コカコーラ、ナイキ、ソニーをはじめとするクライアントワークや、ブランドのアイコン的キャラクター「Martin」を手掛けたSILASとの長期的なコラボレーションによって注目を集めた。2003年から2013年までは、SILASの共同創設者であるラッセル・ウォーターマンとともに自身のブランド「Amos」を運営し、フィギュアや漫画など数々の作品を発表している。

2000年以来、日本では約15年ぶりの個展となる『NO MORE NEGATIVE SPACE』展では、2013年から2015年までに制作されたドローイングを50点以上展示。哲学、言語、スケートボーディング、アート、建築、ポップカルチャーへの関心を背景に、簡素化して描かれたキャラクターの作品群が集結する。さらに、会場では同展のために制作された300部限定のZINEやオリジナルTシャツも販売される。

なお、4月26日に開催されるオープニングレセプションにはジャービスも来場し、エアブラシを使って大判の作品を公開制作するという。また、4月25日には東京のロン・ハーマン千駄ヶ谷でジャービスによるライブペイントや、Nike SBとのコラボレーションによる新商品のコレクション発表が行われる。

イベント情報

ジェームス・ジャービス
『NO MORE NEGATIVE SPACE』

2015年4月25日(土)~5月31日(日)
会場:東京都 堀切菖蒲園 HHH gallery
時間:12:00~20:00
休廊日:月~金曜
料金:無料

オープニングレセプション
2015年4月26日(日)14:00~19:00
会場:東京都 堀切菖蒲園 HHH gallery

  • HOME
  • Art,Design
  • ジェームス・ジャービスの15年ぶり日本個展、50点超のドローイングを展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて