ニュース

石井聰亙、山戸結希、矢口史靖、ジョン・カサヴェテスらの自主制作映画18本を特集上映

『ぴあフィルムフェスティバル』による特集上映『夜のPFF課外授業 入門!インディペンデント映画』が5月30日から東京・テアトル新宿で開催される。

同イベントでは、自主制作のインディペンデント映画を1週間にわたって上映。上映作品には、成島出監督『みどり女』、ジョン・カサヴェテス監督『アメリカの影』、矢口史靖監督『雨女』、廣原暁監督『一万年後の子供』、山戸結希監督『おとぎ話みたい インターナショナルバージョン』、石井聰亙監督『狂い咲きサンダーロード』、赤井孝美監督『八岐之大蛇の逆襲』など18本がラインナップされている。

また、会場には成島監督をはじめ、廣原監督、山戸監督や『おとぎ話みたい』の音楽を手掛けた有馬和樹(おとぎ話)、『狂い咲きサンダーロード』の撮影を担当した笠松則通らがゲストとして登場。上映スケジュールやゲストの来場日などの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『夜のPFF課外授業 入門!インディペンデント映画』

2015年5月30日(土)~6月5日(金)
会場:東京都 テアトル新宿
上映作品:
『みどり女』(監督:成島出)
『アメリカの影』(監督:ジョン・カサヴェテス)
『いそげブライアン』(監督:小松隆志)
『雨女』(監督:矢口史靖)
『爆走高校生2』(監督:伊東瑞輝、伊藤晶美)
『一万年後の子供』(監督:廣原暁)
『きおく きろく いま』(監督:水本博之)
『残光』(監督:広田智大)
『襟売ってよ』(監督:大河原恵)
『おとぎ話みたい インターナショナルバージョン』(監督:山戸結希)
『Her Res ~出会いをめぐる三分間の試問3本立て~』(監督:山戸結希)
『狂い咲きサンダーロード』(監督:石井聰亙)
『八岐之大蛇の逆襲』(監督:赤井孝美)
『PARALYSIS』(監督:徳山高志、徳山元子)
『21世紀の王様』(監督:荻原義衛)
『僕ら太陽を真ン中に』(監督:竹内義)
『舞いあがる塩』(監督:水本博之)
『乱波』(監督:中島悠喜)

『おとぎ話みたい』©寝具劇団
『おとぎ話みたい』©寝具劇団
『アメリカの影』©1958 Gena Enterprises
『アメリカの影』©1958 Gena Enterprises
『八岐之大蛇の逆襲』
『八岐之大蛇の逆襲』
『狂い咲きサンダーロード』
『狂い咲きサンダーロード』
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像