菊地成孔、高橋源一郎、井浦新が日本庭園と対峙、『日曜美術館』で重森三玲特集

重森三玲の特集『永遠のモダン 京の春・重森三玲の庭』が、5月17日にNHK Eテレの『日曜美術館』で放送される。

重森三玲は、1896年に岡山で生まれた作庭家。40代から本格的に作庭を開始し、独自の哲学にもとづいた近代的な作品を数多く残したほか、300におよぶ庭を調査するなど、日本庭園史の礎を築いたことでも知られている。

同番組では、井浦新が三玲の代表作とも言われるデビュー作・京都の東福寺本坊庭園を訪れ、「永遠のモダン」について考察するほか、菊地成孔が東福寺の龍吟庵と光明院、高橋源一郎が遺作となった京都・松尾大社の上古の庭へと足を運び、重森が作品に込めたメッセージやその生涯で辿り着いた境地に迫るという。さらに、重森三玲庭園美術館館長の重森三明もゲストとして番組に出演する。

番組情報

『日曜美術館 永遠のモダン 京の春・重森三玲の庭』

2015年5月17日(日)9:00~9:45にNHK Eテレで放送
出演:
菊地成孔
高橋源一郎
重森三明
井浦新
※5月24日(日)に再放送予定

  • HOME
  • Art,Design
  • 菊地成孔、高橋源一郎、井浦新が日本庭園と対峙、『日曜美術館』で重森三玲特集

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて