ニュース

蔡國強による7年ぶり日本個展、狼のレプリカ99匹用いた全長40mの作品も展示

『蔡國強展:帰去来』が、7月11日から神奈川・横浜美術館で開催される。

1957年に中国・福建省泉州市に生まれた蔡國強は、1986年末から約9年間にわたって日本で創作活動を行ったのちに、アメリカ・ニューヨークに拠点に移して活動している現代美術家。1999年の『第48回ヴェネチア・ビエンナーレ』で『金獅子賞』を受賞しているほか、これまでにニューヨークのメトロポリタン美術館やニューヨークやビルバオのグッゲンハイム美術館などで個展を開催したことで知られ、2008年に開催された北京オリンピック・パラリンピックでは開会式と閉会式の視覚特効芸術監督を務めている。

『蔡國強展:帰去来』は蔡が日本で行う7年ぶりの大規模個展。北京オリンピックで花火の演出を行った蔡が、同展でも大がかりな爆発を伴う「火薬ドローイング」を制作する。また、99匹の狼のレプリカで構成される全長約40メートルの作品『壁撞き』が日本初公開されるほか、テラコッタのインスタレーションなどの新作も発表される。

なお、同展のタイトル「帰去来」は、中国の詩人・陶淵明が官職を辞めて故郷に帰って田園で生きる決意を表現した詩『帰去来辞』から引用したもの。現在ニューヨークで活動を続ける蔡が、アーティストとして自由な創作を始めた地であり、原点でもある日本に戻るという意味がこめられているとのこと。

また、会期中にはアーティストトークやワークショップなど、様々なイベントも開催される。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『蔡國強展:帰去来』

2015年7月11日(土)~10月18日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(9月16日、9月18日は20:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜
料金:一般1,500円 大学・高校生900円 中学生600円
※小学生以下無料

『壁撞き』2006年、狼のレプリカ(99体)・ガラス、 サイズ可変、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク The Deutsche Bank Collection Photo by Jon Linkins, courtesy: Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
『壁撞き』2006年、狼のレプリカ(99体)・ガラス、 サイズ可変、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク The Deutsche Bank Collection Photo by Jon Linkins, courtesy: Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
『壁撞き』2006年、狼のレプリカ(99体)・ガラス、 サイズ可変、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク The Deutsche Bank Collection, Photo by Natasha Harth, QAGOMA, courtesy Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
『壁撞き』2006年、狼のレプリカ(99体)・ガラス、 サイズ可変、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク The Deutsche Bank Collection, Photo by Natasha Harth, QAGOMA, courtesy Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
『壁撞き』2006年、狼のレプリカ(99体)・ガラス、 サイズ可変、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク The Deutsche Bank Collection Photo by Jon Linkins, courtesy: Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
『壁撞き』2006年、狼のレプリカ(99体)・ガラス、 サイズ可変、ドイツ銀行によるコミッション・ワーク The Deutsche Bank Collection Photo by Jon Linkins, courtesy: Queensland Art Gallery | Gallery of Modern Art
『藤蔓』2014年、火薬・陶・鉄、サイズ可変、作家蔵(参考図版) Photo by Wen-You Cai, courtesy Cai Studio
『藤蔓』2014年、火薬・陶・鉄、サイズ可変、作家蔵(参考図版) Photo by Wen-You Cai, courtesy Cai Studio
火薬ドローイング『遠行』(2010年、火薬・和紙・木製パネル、42枚組、作家蔵)の爆破(参考図版) Commissioned by the Museum of Fine Arts, Houston for the Ting Tsung and Wei Fong Chao Arts of China Gallery. Photo by I-Hua Lee, courtesy Cai Studio
火薬ドローイング『遠行』(2010年、火薬・和紙・木製パネル、42枚組、作家蔵)の爆破(参考図版) Commissioned by the Museum of Fine Arts, Houston for the Ting Tsung and Wei Fong Chao Arts of China Gallery. Photo by I-Hua Lee, courtesy Cai Studio
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優