ニュース

ホメロス『オデュッセイア』が能に、ギリシャ人演出家×人間国宝の能楽師のコラボ公演

新作能『冥府行~ネキア』が、7月15日に東京・千駄ヶ谷の国立能楽堂で上演される。

同作は、ホメロスが手掛けた古代ギリシャの長編叙事詩『オデュッセイア』の第11章『ネキア』を原作に、日本とギリシャのスタッフが能に仕立てた作品。能楽に『オデュッセイア』を舞台化できる可能性を見出したギリシャの演出家ミハイル・マルマリノスが、人間国宝の能楽師・梅若玄祥に依頼したことから企画がスタートしたという。梅若が出演に加え、節付、作曲、振付を担当し、構成と演出をマルマリノス、脚本を能楽プロデューサーの笠井賢一が手掛ける。

『オデュッセイア』は、海の神「ポセイドン」や怪鳥「セイレーン」が現れた事で、10年の漂流生活を余儀なくされたギリシャ戦争の英雄オデュッセウスを主人公にした長編冒険物語。なお、魔女キルケーの助言を受けて死後の世界へ向かったオデュッセウスが、予言者ティレシアスと出会い、無事に帰国するための助言や、現在の故郷の窮状、帰国後にすべき手順などを聞き出すというストーリーだ。

なお同作は、今夏に世界遺産でもあるギリシャの野外円形劇場・エピダウロスで開催される『アテネ・エピダウロスフェスティバル2015』に招待されており、梅若は日本人として初めて同劇場の舞台に立つという。ギリシャ公演ではエヴァ・マニダが美術を担当。日本公演のチケットは現在発売中だ。


イベント情報

『冥府行~ネキア』

2015年7月15日(水)
会場:東京都 千駄ヶ谷 国立能楽堂
脚本:笠井賢一
演出:ミハイル・マルマリノス
節付:梅若玄祥
原作:ホメロス『オデュッセイア』
出演:梅若玄祥
料金:S席10,000円 A席6,000円 学生席4,000円

梅若玄祥
梅若玄祥
ミハイル・マルマリノス
ミハイル・マルマリノス
ギリシャの野外円形劇場・エピダウロス
ギリシャの野外円形劇場・エピダウロス
ギリシャの野外円形劇場・エピダウロス
ギリシャの野外円形劇場・エピダウロス
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Kitri“細胞のダンス”

ピアノ連弾ユニットKitriによる、大橋トリオプロデュースのメジャーデビューEP『Primo』から“細胞のダンス”のshortMVが公開。暗闇にひっそりと佇むピアノと、それを淡々と演奏する彼女達が作り出す不安定な世界観に徐々に引き込まれていく。跳ねる鍵盤はまさに細胞のダンス。映し出される手元と差し込む光、黒と赤のコントラストが美しい画面から目を離せない。(高橋)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生