ニュース

ルー・リードの少年時代から晩年まで、生涯を紐解く書籍『ワイルド・サイドの歩き方』

ルー・リードの評伝『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』が、6月26日に刊行される。

1965年にThe Velvet Undergroundを結成し、アンディ・ウォーホルがプロデュースやジャケットアートワークを手掛けた『The Velvet Underground and Nico』でデビューしたルー・リード。1970年の脱退後は数多くのソロアルバムを発表し、2013年10月に71歳で逝去した。

同書では、自身の性的嗜好の曖昧さや両親の無理解に苦しんだという少年時代や、職業作曲家として活動していた時期、The Velvet Undergroundのメンバーとして活動した1960年代、ドラッグやアルコールを過剰摂取していた1970年代から、最後のアルバムとなったMetallicaとのコラボレーション作品『Lulu』を発表した2000年代まで、リードの生涯を紐解いていく。ウォーホルの死や、妻ローリー・アンダーソンとの関係性なども綴られる。

著者は詩人でもあるジェレミー・リード。監修を大鷹俊一が務め、翻訳を本田佐良が手掛けている。ルー・リードは同書について「俺に関する本はぜんぶクソだ。この本以外はね」とコメントしたという。

書籍情報

『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』

2015年6月26日(金)発売
著者:ジェレミー・リード
監修:大鷹俊一
訳:本田佐良
価格:3,456円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

amazonで購入する

『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』表紙
『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』表紙
『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』より
『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』より
『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』より
『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』より
『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』より
『ワイルド・サイドの歩き方 ルー・リード伝』より
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 9

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開

  10. ディカプリオ×ブラピ、タランティーノ新作映画の特報&海外ビジュアル公開 10

    ディカプリオ×ブラピ、タランティーノ新作映画の特報&海外ビジュアル公開