「絶望」描く映画の特集上映、『ソナチネ』『オールド・ボーイ』『炎628』など12作

書籍『観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88』の刊行を記念する特集上映が、8月1日から東京・テアトル新宿で開催される。

同イベントでは、様々な「絶望」を描いた映画を紹介する6月14日刊行の『観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88』に掲載された作品を中心に上映。上映後には、監督や出演者を含む様々なゲストを招いたトークイベントも連日開催される。

上映作品は、柳町光男監督『さらば愛しき大地』、パク・チャヌク監督『オールド・ボーイ』、深作欣二監督『軍旗はためく下に』、今村昌平監督『復讐するは我にあり』、エレム・クリモフ監督『炎628』、森田芳光監督『ときめきに死す』、ナ・ホンジン監督『チェイサー』、北野武監督『ソナチネ』、リドリー・スコット監督『悪の法則』など12作品。

トークゲストには、柳町光男、秋吉久美子、松崎まこと、中井圭、武田梨奈、松崎健夫、高橋ヨシキ、松江哲明、原一男、中村うさぎ、田野辺尚人、高橋伴明、宇崎竜童、伊賀大介、宇多丸(RHYMESTER)、三沢和子、樋口毅宏、大谷ノブ彦(ダイノジ)、岩井志麻子、倉田真由美、立川志らく、高橋洋二が名を連ねている。各作品の上映スケジュールやトークイベントの詳細は、オフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88』出版記念上映会

2015年8月1日(土)~8月7日(金)
会場:東京都 テアトル新宿
上映作品:
『さらば愛しき大地』(監督:柳町光男)
『オールド・ボーイ』(監督:パク・チャヌク)
『軍旗はためく下に』(監督:深作欣二)
『ジェイコブス・ラダー』(監督:エイドリアン・ライン)
『悪の法則』(監督:リドリー・スコット)
『復讐するは我にあり』(監督:今村昌平)
『炎628』(監督:エレム・クリモフ)
『TATTOO[刺青]あり』(監督:高橋伴明)
『ときめきに死す』(監督:森田芳光)
『ソナチネ』(監督:北野武)
『チェイサー』(監督:ナ・ホンジン)
『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』(監督:山田洋次)
料金:トークショー付き上映1,500円 通常上映1,200円
※8月1日のオールナイト上映は3,000円

書籍情報

『観ずに死ねるか!傑作絶望シネマ88~総勢70人が語る極私的トラウマ映画論~』

2015年6月14日(日)発売
価格:2,000円(税込)
発行:鉄人社

amazonで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 「絶望」描く映画の特集上映、『ソナチネ』『オールド・ボーイ』『炎628』など12作

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて