The Rolling Stonesの使用機材を網羅する本、全ツアーの機材も検証

書籍『ザ・ローリング・ストーンズ楽器大名鑑』が、7月10日に刊行される。

4千部限定で販売される同書は、The Rolling Stonesのバンド史をメンバーの楽器や機材と共に紐解くもの。バンドが結成された1962年から現在までのツアーとスタジオセッションを網羅し、年代ごとに使用された楽器や機材を写真と共に解説する。また、初公開となるステージでの写真やオフショット、ポスターなどを含む図版や写真千点以上が収録される。

著者は、アンディ・バビアックとグレッグ・プレヴォスト。翻訳は川村まゆみが担当している。発行元となるDU BOOKSのオフィシャルサイトでは、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)と鮎川誠(シーナ&ロケッツ)による推薦コメントが公開中だ。


書籍情報

『ザ・ローリング・ストーンズ楽器大名鑑』

2015年7月10日(金)発売
著者:アンディ・バビアック、グレッグ・プレヴォスト
翻訳:川村まゆみ
価格:8,100円(税込)
発行:DU BOOKS

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • The Rolling Stonesの使用機材を網羅する本、全ツアーの機材も検証

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて